MEMBERS SALON

ジャケ・ドロー新作「トロピカル・バード・リピーター」(1/1)

 伝説的な時計師であり、優れたオートマタ(自動人形)の作り手でもあったピエール-ジャケ・ドローと、アンリ・ルイ・ジャケ・ドロー。そんな始祖の偉業を継ぐ新作「トロピカル・バード・リピーター」が、このたびジャケ・ドローより発表された。
 
 この作品では、熱帯の風景の中で、細密画家とエングレーバーによって描かれた動物たちがオートマタによって生き生きと動きを与えられている。クジャクは美しい羽を広げ、3時位置の枝葉から現れたトカカクはくちばしを開く。9時位置ではトンボ3匹が羽ばたく。トンボの羽にはスーパールミノーバが塗装され、羽ばたきは暗闇にいても楽しむことができる。
 賑やかな描写の中で特に圧巻なのは、文字盤中央のハチドリの動きだ。これは1秒間に40回もの速さで羽ばたくため大変リアルな動きを見せる。文字盤の上という限られたスペースの中でこれだけのストーリーを描かせられる点に、同社の情熱を感じる。

 これら7つのオートマタの動きが現れるのは、ミニッツリピーターが作動している瞬間である。プッシュボタンを押した瞬間に、楽園が賑やかに動き出す。ミニッツリピーターの速度調整は外側の小さなブレード・スプリングの摩擦によって行なわれているため、このムーブメントに搭載されているフライング・ガバナーは、ほとんど音を立てることがない。

「トロピカル・バード・リピーター」は、2018年に販売予定である。わずか8本のみの製造であるが、多くの人にこの美しい世界観を楽しんでもらいたい。

「トロピカル・バード・リピーター」Ref. J033033200。ミニッツリピーター機能付き手巻き(Cal.JAQEUT DROZ RMA89)。86石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約60時間。18Kレッドゴールド(直径47mm、厚さ18.95mm)。非防水。ホワイト マザー・オブ・パールダイアル+ブラックオニキスサブダイアル。7190万0000 円(税抜予価)。


Contact info: ジャケ・ドロー ブティック銀座 Tel.03-6254-7288

前の記事

【プレSIHH2018新作】最上級コードバンストラップを備えたレベルソの限定モデル

次の記事

ノモスの新シリーズ「スモールシャンパーニュ」

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP