MEMBERS SALON

「クロックツーウォッチ W39 ファインスチール」が“レッド・ドット・デザイン賞”を受賞(1/1)

/


「クロックツーウォッチ W39 ファインスチール」。クォーツ。SSケース(縦39×横39mm、厚さ9mm)。5気圧防水。ミラネーゼブレスレット。12万5000円(税別)。


 「クロックツーウォッチ W39 ファインスチール」が、世界3大デザイン賞のひとつとされる“レッド・ドット・デザイン賞”を受賞した。

 クロックツーは、針や数字ではなく“文字”で時を表すドイツ生まれの時計だ。デザインのベースとなっているのは、一見するとランダムに配置された110の文字のマトリックス。ひとつひとつの文字が点灯し、現在時刻を意味する文章となる。例えば、今回使用している画像の場合、"IT IS HALF PAST SEVEN"と表示されており、つまり7時半を意味する。この文章は5分おきに変わり、その間の1分間隔は、4つのコーナーのドットの点灯によりカウントされる。

 このクロックツーのコレクションは現在、クロックツークラシック(掛け時計兼置き時計)、 クロックツーラージ (掛け時計)、クロックツータッチ(アラーム機能付きの置き時計)と、一辺が35mmと39mmの2サイズがあるスクエア型腕時計のクロックツーウォッチWシリーズの4機種を展開している。クロックツーの表示は英語のほか、日本語、フランス語など20以上の言語に対応し、70の国や地域で販売されている。今回はこのクロックツーコレクションのうち「クロックツーウォッチ W39 ファインスチール」が、レッド・ドット・デザイン賞2018の受賞に至った。

Contact info:スイスプライムブランズ Tel.03-4360-8669

前の記事

秋田発「タイムアンドブーケ」が母の日イベントを開催中

次の記事

ショパールがL.U.C XPS 1860のレッドダイアル限定モデルでカンヌ国際映画祭開幕を祝う

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP