キューバの国鳥にちなんだクエルボ・イ・ソブリノスの限定品

2018.06.23
/
クエルボ・イ・ソブリノスはブランド発祥の地であるキューバ大使館での初のイベント開催を記念して、キューバの国鳥「トコロロ」の名を冠した記念限定モデルを発表した。「トコロロ」はキューバ国旗と同じ青、赤、白の色彩を持つ美しい鳥で、記念モデル「トコロロ」もその美しい色彩にならって青、赤、白にて各50本が発売される。(写真左から)
「プロミネンテ ソロテンポ トコロロ」
自動巻き。SSケース(縦52mm×横31mm)。ダイアル中央にMOPを使用。42時間パワーリザーブ。30m防水。430,000円(税別)
「プロミネンテ ソロテンポ トコロロ」
自動巻き。SSケース(縦52mm×横31mm)。ダイアル中央にMOPを使用。42時間パワーリザーブ。30m防水。430,000円(税別)
「プロミネンテ クラシコ トコロロ」
自動巻き。SSケース(縦43mm×横32mm)。ダイアル中央にMOPを使用。42時間パワーリザーブ。30m防水。380,000円(税別


 クエルボ・イ・ソブリノスは、キューバの国鳥「トコロロ」の名を冠した記念限定モデルを発表した。

 「トコロロ」記念限定モデルは、ダイヤル中央部にマザーオブパールが採用され、定番モデルと異なる華やかさを纏っている。記念モデルの初回限定の特別仕様として、フォールディングバックルとヒュミドールにはトコロロが描かれ、記念限定モデルならではの演出が楽しめる工夫がなされている。また、トコロロとキューバの街並みをプリントした特製ハンカチも嬉しいプレゼントだ。

 1882年、ラモン・イ・クエルボがハバナにLa Casa(ラ・カーサ)という高級時計宝飾店をオープンする。ほどなくアルマンド・リオ・クエルボを含む兄弟達が経営を手伝い始め、後に店名を“クエルボとその甥達”という意味である「クエルボ・イ・ソブリノス」に変更、事業は次第に拡大した。時計はスイスのラ・ショー・ド・フォンで製造。卓越したスイスの時計製造の技術に、ラテンの精神を吹き込むことに成功する。
 
1940年代、砂糖需要の拡大によりのキューバはかつてない好景気に沸いた。それとともにも「クエルボ・イ・ソブリノス」は絶頂期を迎え、パテック・フィリップやロレックスといった一流時計メーカーにオーダーしたショップウォッチも数多く生まれた。作家のアーネスト・ヘミングウェイ、俳優のクラーク・ゲーブル、政治家のウィンストン・チャーチル、そして物理学者のアルベルト・アインシュタインなど当時の著名人たちの多くが、クエルボ・イ・ソブリノスの顧客名簿にその名を連ねていることからも当時の人気ぶりが窺い知れる。だが、その後、キューバ革命などの政情不安により営業停止を余儀なくされる。
 
2002年、現CEOのマルツィオ・ヴィラによって本格的にブランドが復活。現在、スイスのルガーノを拠点に、当時のスケッチ、デザインからヒントを得ながら、かつてのモデルに独自のタッチを加え、新たにハバナテイストを基調としたエレガントなモデルを生み出している。

Contact info: ムラキ / クエルボ・イ・ソブリノス  Tel.03-3273-0321