MEMBERS SALON

グッチが2018年新作オートマティック ウォッチ コレクションを発表(1/1)

Text by WatchTime

 グッチは5つの直径40㎜の新作オートマティックモデルによって、メンズモデルのコレクションを充実させている。

 これらスイス製のタイムピースのうち、ふたつはGMT機能を備え、第2時間帯を示すスネークシェイプのGMT針が追加されている。クラフツマンシップのレベルの高さを示すように、ひとつはイエローゴールドPVD加工のSSケースにイエローゴールドカラーのシェブロンパターンの文字盤とブラックアリゲーターのカフストラップ、もう一方はステンレススティールケースにシルバーカラーのギヨシェパターン文字盤と鮮やかなエメラルドグリーンアリゲーターのカフストラップが合わせられている。

グッチ「オートマティック ウォッチ」より、GMT機能搭載の新作。自動巻き(Cal.ETA2893-2)。SS(直径40mm)。5気圧防水。
(左)SSケース、グリーンアリゲーターのカフストラップ。30万8000円(税別)。
(右)イエローゴールドPVD加工SSケース、ブラックアリゲーターのカフストラップ。32万3000円(税別)。

 他の3モデルにも洗練された装飾技法が施され、グッチの技術力の高さを表している。ベゼルとステンレススティール製のブレスレットには繰り返しパターンが施され、特別感のある質感が実現されている。ステンレススティールケースにはグッチのロゴで飾られたシルバーカラーのギヨシェパターン文字盤が合わせられ、エレガントなデザインにまとめ上げている。

グッチ「オートマティック ウォッチ」。自動巻き(Cal.ETA2824-2)。SS(直径40mm)。5気圧防水。
(左)SSケース、SSブレスレット。28万円(税別)。
(中)SSケース、ブラックレザーストラップ。25万円(税別)。
(右)イエローゴールドPVD加工SSケース、ブラックレザーストラップ。26万5000円(税別)。

 うち2モデルにはブラックレザーストラップが合わせられ、シンプルでなおかつ着けやすい印象に仕上がっており、右のモデルはイエローゴールドPVD加工のSSケースにイエローゴールドカラーのシェブロンパターン文字盤、そして左と中のモデルはステンレススティールケースにシルバーカラーのギヨシェパターン文字盤の組み合わせだ。

Contact info:ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン/グッチ Tel.03-5766-2030


前の記事

インダストリアが「オムレットウォッチケース」を発売

次の記事

ファーブル・ルーバが東京ヤクルトスワローズのスポンサーに就任

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP