MEMBERS SALON

温泉に入る際、腕時計を着けていいの?/ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜(1/1)

Q:温泉に入るとき、時計は腕に着けていいの?

答えは×です。最新のステンレススティールやチタン素材であっても、高温の強酸性や強アルカリ性温泉につけたら、腐食する可能性があります。また、強い泉質でない場合でさえも、防水機能を持たせるためのパッキンや、ベルトをつなぐためのバネ棒などを腐食させる場合があります。時計へのダメージを考えたら、温泉への持ち込みは極力避けたほうがいいでしょう。また、クォーツ式、機械式を問わず、時計は極端な高温に弱いため、サウナにも持っていくべきではありません。

しかし、これはあくまで原則論。どうしても温泉に時計を持っていきたい人は、使用後、必ず真水に浸けて時計を洗うこと。ダイビングスーツの「潮抜き」に同じく、温泉の成分を完全に抜いてしまえば、時計へのダメージは少なくなります。もっとも、使用はあくまで自己責任で。そして、できるだけ新品か、きちんとオーバーホールした時計を持ち込むべきです。パッキンが劣化した古い時計を温泉に浸けると、ケースに浸水する可能性が高いです。


前の記事

松山猛の台湾発見 松山猛の台湾発見「僕の烏龍茶始め」

次の記事

WatchTime ロレックスについて知っておきたいポイント(前編)

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP