MEMBERS SALON

熟練技で再構築するハリー・ウィンストンの現代美(1/1)

HARRY WINSTON

バイレトログラード×永久カレンダー

ハリー・ウィンストンは、1989年のデビュー作から、そのタイムピースの表示機構にバイレトログラードを多用してきた。ダイアルに対称的に配されたふたつのレトログラード式の表示機構は、今やハリー・ウィンストンの“お家芸”と言っても過言ではないだろう。「HW オーシャン」コレクションの20周年を記念して発表された最新作に採用されたのは、バイレトログラード パーペチュアルカレンダー。ブランド伝統の機構は、熟練された建築学的、幾何学的アプローチによる独創的なデザインによって斬新な“現代美”を手に入れた。

奥山栄一:写真 Photographs by Eiichi Okuyama
菅原 茂:文 Text by Shigeru Sugawara

 それは2010年の秋、ジュネーブ郊外に拠点を置くハリー・ウィンストンのモダンな時計工房で催された「オーパス」の10年目を祝う記念イベントに招かれた時のことだった。会場に第1作から第10作の各作品に携わったそれぞれの独立時計師が集い、盛大な祝賀行事が行われたが、「オーパス」諸作とは別に展示され、静かに存在感を放つひとつのマスターピースも人々の熱い視線を浴びていた。高級時計の世界に参入した際に発表されたデビュー作「HW プルミエール」コレクションのバイレトログラードパーペチュアルカレンダーである。当時はまだ知る人ぞ知る独立時計師であったジャン-マルク・ヴィダレッシュ氏の協力を得て開発されたこの記念すべきタイムピースの発表は1989年のことだから、来る2019年で早や30周年になる。

 今年2018年に「HW オーシャン」コレクションの20周年を記念して発表された最新作にもいわば「お家芸」のバイレトログラード パーペチュアルカレンダー機構が取り入れられ、ハリー・ウィンストンらしい一貫した個性の発露が見られる。まずそのダイアル・レイアウトについては、1989年のオリジナルと同じく、センターの時針と分針を挟んで右側に日付、左側に曜日のレトログラード表示、12時位置に指針式の12カ月表示と小窓による閏年表示、そして6時位置にムーンフェイズ表示を置き、整然としたバランスがフェイスを演出している。


12時位置に永久カレンダーの12カ月表示と小窓による閏年表示を組み合わせて配置。閏年の場合は、小窓に閏年を意味する「leap year」のアルファベット「L」が現れる。独特の大きな月表示針はスケルトン仕様なので、12月・1月・2月を指す場合も下の閏年表示が覆われずに見える。

 しかし、複雑機構もさることながら、最新作の本領は、新たに投入されたエステティックの技法にあり、それによって永久カレンダーのスタイリングを再構築したことにこそある。一言で言えば、より力強く美しい「現代美」の追求である。すなわち、建築学的および幾何学的要素の導入による、以前にも増してコントラストや立体感を強調したデザインだ。

 ほぼ半円を描く広い範囲を移動する日付針と曜日針は、時刻表示の針より圧倒的に長く、まさに主役級の存在感を示し、レトログラード特有の反復運動も実にダイナミック。それらは同時に、ダイアル中心に軸を置く時分針や、その周囲にあしらわれたらせん状の格子細工、アラビア数字と蛍光仕上げマーカーを交互に配したアワーサークルとともに、多重の同心円を描く。また、12時位置の月および閏年表示と6時位置のムーンフェイズ表示を囲む同径の円も対称的に相まみえる。さらに、各要素を細かなラインで縁取ることで、ダイアルに多層の立体感を巧みに演出することも忘れない。

 このように、細部にまで宿るブランドの美意識が、ダイアルに豊かな表情と気品を与えている。結果、スイス伝統のクラシシズムとは一線を画し、絶えず躍動する現代ニューヨークをデザインに投影する傑出したセンスこそ、ハリー・ウィンストンだから昇華し得た真骨頂なのだ。


HW オーシャン・バイレトログラード パーペチュアルカレンダー オートマティック42mm同一のデザインと機能ながら、ケース素材や装飾によってそれぞれがかなり異なった雰囲気を醸す。ローズゴールドモデルは、ダイアルもブラック×ゴールドで中でも比較的クラシカルな味わい。ホワイトゴールドモデルは、ダイアル外周にブルーの彩りを加えてクールなスポーティー感が一段と強調されている。ハイジュエラーならではの極め付きは、ケース、ベゼル、ラグ、バックルを91個のバゲットカットダイヤモンドで埋め尽くした比類なく贅沢なアニバーサリー限定モデルだ。いずれも自動巻き(Cal.HW3501)。34石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。ケース直径42.2mm。10気圧防水。(右)18KRG。630万円。(中)18KWG。645万円。(左)18KWG×バゲットカットダイヤモンド。世界限定20本。1425万円。



Contact info: ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション Tel.0120-346-376

前の記事

TOKYO BASE社長 谷「確実性と挑戦の絶妙なバランス」3

次の記事

ラインナップを拡充するエクステリア表現の多様化 / オリエントスター

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP