エルヴィス・プレスリーとデヴィッド・ボウイへのトリビュートウォッチ

FEATUREWatchTime
2019.02.04
1月8日は、ふたりのロックスターの誕生日である。ふたりとは、1977年に亡くなったエルヴィス・プレスリーと、2016年にこの世を去ったデヴィッド・ボウイである。これまでに、ふたりに対して特別限定版の腕時計のタイムピースが捧げられてきた。プレスリーの時計は、存命中から本人の着用モデルとして有名になった時計であった。レイモンド・ウェイル「フリーランサー デヴィッド・ボウイ」と、2017年にリニューアルされたハミルトンのベンチュラコレクションをご紹介しよう。
Originally published on watchtime.com
Text by Mark Bernardo

レイモンド・ウェイル
「フリーランサー リミテッドエディション デヴィッド・ボウイ」

レイモンド・ウェイル「フリーランサー リミテッドエディション デヴィッド・ボウイ」。自動巻き(Cal.RW4200)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径42mm)。100m防水。カーフストラップ。世界限定3000本。21万円(税別)。㉄GMインターナショナル ℡03-5828-9080

 レイモンド・ウェイルの限定コレクション「フリーランサー リミテッドエディション デヴィッド・ボウイ」は、2019年で72歳を迎えるはずだったブリティッシュロックのアイコンに捧げられたものである。音楽のパイオニアやマイルストーンを祝うレイモンド・ウェイルの伝統にのっとった1本だ(他の限定モデルには、ビートルズやフランク・シナトラ、レスポール・ギブソン・ギターなどにインスパイアされたものがある)。42mm径のステンレススティール製ラウンドケースに、サーキュラー仕上げの文字盤が合わされており、そこにはデヴィッド・ボウイとその作品にインスパイアされたデザイン要素がいくつか見て取れる。12時位置の特徴的な赤の稲妻は、ボウイの1973年のアルバム「アラジン・セイン」からきており、6時位置のポップアート調の「BOWIE」のロゴは、アンディ・ウォーホルがボウイの1974年のアルバム「ダイアモンドの犬」のためにデザインしたものと同じだ。サファイアクリスタル製のケースバックには伝説的写真家、テリー・オニールが撮影した1974年の有名なボウイのポートレートがプリントされている。ケースが内蔵するのは自動巻きキャリバーRW4200で、26石、約38時間のパワーリザーブを持つ。時計には赤いステッチの入ったブラックのカーフストラップに、フォールディングクラスプが合わせられたものが付属している。シリアルナンバー入りの3000本限定モデルとして発売された。

レイモンド・ウェイル「フリーランサー リミテッドエディション デヴィッド・ボウイ」のケースバック。テリー・オニールが撮影した1974年の有名なボウイのポートレートがプリントされている。


ハミルトン
「ベンチュラ」

 1957年に発表されたハミルトンのベンチュラは世界初の電池式腕時計として広く知られたが、1961年に映画『ブルーハワイ』の中でエルヴィス・プレスリーが着用したことで、認知度はさらに後押しされることとなった。このアイコニックピースの60周年を祝うべく、2017年にハミルトンは、オリジナルモデルにインスパイアされた3本の新作を発表した。

 3本ともベンチュラの特徴である斬新なカーブを描いたケースデザインを採用した。文字盤には1957年のオリジナルモデルに敬意を表し、電気を模した大ぶりなシンボルを配すことで、この時計が成し遂げた技術的な革新性を誇らしげにうたっている。3本のうち2本はケースサイズ展開があるクォーツウォッチだ。3つ目のモデルは大ぶりなケースサイズに自動巻きムーブメントを搭載した機械式時計である。

ハミルトン「ベンチュラ」。クォーツ。PVD加工SS(スモールサイズ/縦36.5×横24mm、ラージサイズ縦50.3×横32.3mm)。5気圧防水。カーフストラップ。スモールサイズ9万8000円(税別)、ラージサイズ10万1000円(税別)。㉄ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン ℡03-6254-7371

 ハミルトンの「ベンチュラ」はヴィンテージ感のあるトリビュートピースだ。1枚目の写真のモデルはイエローゴールドのPVD加工を施したステンレススティール製ケースモデルで、ブラウンのクロコダイル型押しのレザーストラップが合わせられている。文字盤はホワイトで、ゴールドカラーの時分針と赤い先端を持つ秒針が組み合わされている。
 2枚目の写真のモデルは、ポリッシュ仕上げのステンレススティール製ケースに、3Dプリントのブルージーンズパターンの文字盤、ニッケル加工の時分秒針と、ブルーデニムのストラップが組み合わされたモデルである。
 
 このふたつのクォーツモデルは、それぞれ縦36.5×横24mmのスモールサイズと縦50.3×横32.3mmのラージサイズによるふたつのサイズ展開があり、クォーツムーブメントが搭載されている。文字盤を保護するのはミネラルガラス風防だ。

ハミルトン「ベンチュラ」。クォーツ。SS(縦50.3×横32.3mm)。5気圧防水。ブルーデニムストラップ。9万1000円(税別)。なお、スモールサイズは8万8000円(税別)。


 ベンチュラによりモダンなデザインを与えたモデルが「ベンチュラ エルヴィス80」だ。部分的にスケルトン加工を施した文字盤は、キング・オブ・ロックンロールがレコーディングの際に使用していたマイクを彷彿とさせる。縦44.6×横42.5mmのポリッシュ仕上げのステンレススティール製ケースに内蔵され、直線型の隙間から垣間見えるのは、自動巻きキャリバーH-10-Sだ。これはベンチュラのためにスウォッチ グループが開発した約80時間のパワーリザーブを持つムーブメントである。時分針にはスーパールミノバが塗布され、秒針は鮮やかなレッドカラーに塗装されている。風防は反射防止加工が施されたサファイアクリスタル製である。ブラックラバーストラップにステンレススティール製尾錠が合わせられたモデルと、ステンレススティール製ブレスレットにバタフライクラスプが合わせられたモデル(19万8000円/税別)がある。

ハミルトン「ベンチュラ エルヴィス80」。自動巻き(Cal.H-10-S)。25石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS(縦44.6×横42.5mm)。5気圧防水。ラバーストラップ。19万3000円(税別)。