グランドセイコーのクォーツをオーバーホールするには。頻度や内容紹介

FEATUREその他
2021.03.16

グランドセイコーは1960年にセイコーから誕生し、2017年に独立した日本の高級腕時計ブランドだ。大切な思い出深い時計を長く愛用するにはオーバーホールが欠かせない。グランドセイコーのクォーツ式時計のオーバーホールについて紹介しよう。


クォーツのオーバーホールについて

腕時計は私たちの手元を演出するだけでなく、針で正確な時間を知らせてくれる道具でもある。この針が動くために必要な動力源がムーブメントで、グランドセイコーのムーブメントには機械式・クォーツ・スプリングドライブの3種類ある。

いずれのムーブメントでも、精度を保って長く愛用するためにはオーバーホールが欠かせない。ここではクォーツのオーバーホールについて解説する。

クォーツのオーバーホールの必要性

クォーツとは水晶のことで、電圧をかけると規則正しく振動する性質がある。クォーツ式時計は、時計の内部にある「水晶振動子」に電流を流して起きる規則的な振動を動力源とする。

電池によって電流を流すため、針が動かなくなったら電池を交換すれば再び動き出す。ただし針を動かす歯車部分は、長く使うことで機械体部品の摩耗や潤滑油の劣化を招くため、オーバーホールが必要となる。

これは、外部からでは分かりにくい内部の汚れを取り除き、摩耗部分のチェックを行う作業。必要があれば部品交換を行うため、故障が起きにくくなりコンディションの良い状態で長く使えようになる。

頻度や費用目安

オーバーホールの目安は機械式が3~5年なのに対し、クォーツ式では「7~8年が目安」とされる。ただし、目安年数よりも前に、電池交換の頻度が短くなったり、電池交換をしても動かなくなったりなどの不具合が起きるのであれば、積極的にオーバーホールを行ったほうがいいだろう。

クォーツ式のオーバーホールの費用は、国産ブランドならば5000円以上、海外ブランドであれば1万円以上が目安だ。また時計に搭載されている機構が複雑になれば、当然メンテナンス費用も高くなる。例えば、ストップウォッチ機能が搭載されたクロノグラフの費用目安は2万円以上だ。


グランドセイコーのサービスを知る

グランドセイコーは、時計修理を専門に行う工房「グランドセイコーサービススタジオ」を構えるほど、アフターサービスが充実している。

預かった腕時計は、専門の修理技能士によって責任を持って徹底したチェックが行われる。また純正部品を長期間保有しているため、必要に応じて部品交換ができるのも安心だ。

グランドセイコーの充実したサービス内容をさらに詳しく紹介しよう。

コンプリートサービスの工程

グランドセイコーサービススタジオに送られた時計はまず、外装のみならず、運針や精度まで細かく診断。また、修理や電池交換が完了した後にも、精度・電気特性の検査が行われる。

コンプリートサービスは、内装修理とオーバーホールに加え、ライトポリッシュで美しい輝きを取り戻せるサービスだ。コンプリートサービスは、以下の手順で行われる。

  1. 外観・運針・精度など腕時計の状態を細かくチェック
  2. ケースとブレスを超音波洗浄
  3. 時計をムーブメントまですべて分解、各部品の超音波洗浄
  4. 各部品をチェックし、劣化部品を交換・修正
  5. ムーブメントを組み立てる
  6. 顕微鏡を使って各部に注油
  7. 精度調整や防水検査
  8. 時計のケース・ブレスのライトポリッシュ
  9. 外観・機能などの最終チェック

電池交換とともに裏蓋のパッキンも新品と交換される。これにより再び高い気密性が確保されるのだ。

料金目安

グランドセイコーのクォーツ式時計のオーバーホール料金目安は3万6000円からだ。ただし時計の状態によっても金額は異なる。コンプリートサービスでは、事前に概算見積金額が提示されるので初めてサービスを利用する人でも安心だろう。

また万が一、作業中に概算見積金額以上の金額が発生する場合には、事前に確認メールが送付されるため、知らないうちに費用が発生するなどの心配はない。

サービス利用の流れ

グランドセイコー オンライン修理受付

グランドセイコーのクォーツ式時計のオーバーホールや電池交換は「グランドセイコー オンライン修理受付」から申し込みが可能だ。グランドセイコーのホームページから「SUPPORT」から「コンプリートサービス・修理」または「電池交換」のページに進み、それぞれの申し込みボタンをクリックすれば、修理受付のサイトが表示される。

オーバーホールやライトポリッシュがセットになったコンプリートサービスの利用方法は以下のとおりだ。

  1. 「お申し込みフォーム」から受付をする
  2. 送付された配送キットに腕時計を入れ、指定配送業者から送る
  3. 概算見積額確定
  4. 作業開始
  5. 作業完了後、登録住所へ腕時計が返送される
  6. 料金の支払い


正規サービスを活用しよう

オーバーホールは、正規サービス以外に民間業者でも行っている。しかし時計は非常に繊細な構造のため、専門の知識を持つ正規サービスの利用が安心だ。正規サービスのメリットについて解説しよう。

プロに任せることで安心

民間業者は正規サービスよりも費用が安い反面、修理技能士の技術にばらつきが見られる。正規サービスでは専門の修理技能士が作業を行うため、確実に信頼できる点がメリットだ。

時計修理技能士は国家資格で、3級から1級まである。グランドセイコーサービススタジオでは在籍する技能士の8割以上が、高い知識と技能が必要とされる「1級」を取得している。

保証期間について

正規サービスでは、保証期間内かつ正常な使用状態で不具合が発生した場合には、無料で修理・調整が可能だ。

ただし、保証対象となるのはムーブメントとケースの時計本体と金属バンドのみ。それ以外のパーツに関しては保証対象外となるので注意しよう。

また保証期間内の無料修理・再修理では、コンプリートサービスで行われる「ライトポリッシュ」は提供されない。


グランドセイコーを末永く愛用するために

グランドセイコーは、日本が世界に誇る高級腕時計ブランドだ。時計はオーバーホールをすることで、内部だけでなく外観も輝きを取り戻す。

正確に時を刻む時計を末長く愛用するためにも、日々の扱いに注意するだけでなく、定期的なメンテナンスを心がけよう。



Contact info: セイコーウオッチお客様相談室 Tel.0120-061-012


グランドセイコーの種類を知ろう。ムーブメントやコレクション解説

https://www.webchronos.net/features/52691/
グランドセイコーのムーブメントを解説。おすすめのモデルも紹介

https://www.webchronos.net/features/52689/
グランドセイコーのサイズと主な展開モデル。適切なサイズ選びも解説

https://www.webchronos.net/features/51606/