MEMBERS SALON

シチズンの新作は「デザイン力」がすごいことになっている(1/1)

「エコ・ドライブ・ワン」。光発電エコ・ドライブ(Cal.8826)。フル充電時12カ月稼働。SSケース+サーメットベゼル(直径39㎜、厚さ2.98㎜)。日常生活防水。今秋発売予定。40万円(税別)。

「シチズン エル アンビリュナ」。光発電エコ・ドライブ(Cal.B035)。フル充電時7カ月稼働。SSケース(直径27.3㎜、厚さ9.4㎜)。漆玉・ダイヤモンド1石入り。5気圧防水。今秋発売予定。9万7000円(税別)。世界限定1000セット。

 

 開催中のバーゼルワールドで発表されたシチズンの新作を紹介する。1本目は「エコ・ドライブ・ワン」のニューモデル。厚さ1.00㎜のムーブメントに2.98㎜の極薄ケースという世界最薄のアナログ式光発電腕時計の記録を昨年更新した同モデルの、レザーストラップを備えた新しいデザインだ。ケースのフォルムはより洗練され、ドレッシーさを強調。ベゼルには先行モデルと同様にピンクかシルバーカラーのサーメット(セラミックスと金属からなる合金。耐熱性、耐摩耗性などを備える)を採用する。

 2本目はレディスピースの「シチズン エル アンビリュナ」。デザイン面で評価の高いシチズンらしく、ラウンドのケースに付く曇りがかったサファイアガラスで朧月を表現。その「光」を際立たせる「影」を表現するのは、アクセントに用いられる漆玉だ。流麗なフォルムのブレスレットはアーティストユニット「モノサーカス」がデザイン。どこまでも可憐で、フェミニンな作風に仕上がっている。どちらの新作も技術同様、意匠に才気が見られるところが、現在のシチズンの強みだろう


Contact info: シチズンお客様時計相談室 Tel.0120-78-4807
 

前の記事

バーゼルで薄型自動巻きの世界記録更新!ブルガリの快挙

次の記事

スピードマスター60周年にふさわしい傑作が生まれた

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP