MEMBERS SALON

発売わずか2カ月で店頭から消えたエコ・ドライブ Bluetoothが待望の再登場(1/1)

エコ・ドライブはシチズン独自の光発電技術であり、1976年に初めて発表された。「エコ・ドライブ Bluetooth」は光さえあれば、充電可能。定期的な電池交換はもとより、ケーブルによる充電も必要がない。


「エコ・ドライブ Bluetooth」。光発電エコ・ドライブ(Cal.W770)。月差±15秒。フル充電時約4年稼働。SS(直径48㎜、厚さ15.5㎜)。7万5000円。7月7日発売。文字盤は写真のブルーの他にブラックもある。

 シチズンが2016年に数量限定で発表し、約2カ月で完売した「エコ・ドライブ Bluetooth」。スマートフォンとリンクする光発電エコ・ドライブ搭載機として発売直後から話題を呼んだのは記憶に新しいところだ。そして、来る7月7日に新しいカラーバリエーションの2モデルが待望の発売となる。

 公式アプリをインストールすると時計とスマートフォンがリンクし、自動時刻修正、世界316都市への時刻調整が可能となる。また、着信メールや受信、主要SNSのメッセージも「針の動き」「音」「振動」で知らせてくれるすぐれものだ。

 光発電エコ・ドライブは、太陽光や部屋のわずかな光で充電し、フルチャージで約4年間稼働する。まさにシチズンの技術力が総動員されたモデルといえよう。なお、カラーバリエーションはBluetooth機能があることを強調するため、ブルーがチョイスされている。

 

Contact info:シチズンお客様時計相談室 Tel.0120-78-4807

前の記事

「オーデマ ピゲ・アートコミッション」にアーティストのラーズ・ジャンを選出

次の記事

潮の満ち引きを知れるタイドメーター付ウォッチ ジン「240.ST.GZ」

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP