MEMBERS SALON

ファーブル・ルーバ「レイダー・ビバーク9000」、南極へ(1/1)


 嫌気性カプセル内に密閉された気体の体積変化を読み取り、高度表示に置き換えるアネロイド高度計を備えた「レイダー・ビバーク9000」。2017年秋、過去のモデルを大幅に改良し、機械式で初めて9000mまでの高度測定を実現可能にした本作が、このたび南極最高峰における登頂成功の一翼を担った。同モデルは高度計の特性上、高度だけでなく気圧の変化も読み取ることができる。厳しい南極の環境下で、登山者に天候の変化を予知させる点においてもその力を発揮した。

「レイダー・ビバーク9000」を着用して、南極最高峰ヴィンソン・マシフの登頂に成功したのは、インド出身の登山家サチャラプ・シッダーンタ氏。エベレストやキリマンジャロなどに挑み続けてきた同氏は、今回の登頂をもって世界7大陸のすべての最高峰登頂を達成した。
 なおファーブル・ルーバの「レイダー・ハプーン」は現在、北極ミッションを遂行中。同ブランドの技術力は世界の冒険家たちによって立証されつつある。

 また「レイダー・ビバーク9000」は、先日行われた「ウォッチスターズ2017/18」においてNew Stars部門でグランプリを獲得している。

ファーブル・ルーバ「ビバーク9000」。手巻き(Cal.FL311/EMC 3903Mベース)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約65時間。Ti(直径48mm、厚さ18.7mm)。30m防水。アンテロープレザーストラップ。85万円(税別)。




Contact info: スイスプライムブランズ Tel.03-4360-8669

前の記事

「2017インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー」でロレックスが2冠獲得

次の記事

日本限定文字盤をまとったジンの入門モデル

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP