MEMBERS SALON

ノモスの新シリーズ「スモールシャンパーニュ」(1/1)

「スモールシャンパーニュ」シリーズ。手巻き(Cal.α)。パワーリザーブ約43時間。3気圧防水。2018年2月発売予定。
(左から)「タンジェント33 シャンパーニュ」。SS(直径32.8mm)。Ref.TN1A1CH233(サファイアクリスタルケースバック)予価21万円(税別)。Ref.TN1A1CH133(SSケースバック)予価20万円(税別)。
「オリオン33 シャンパーニュ」。SS(直径32.8mm)。Ref.OR1A3CH233(サファイアクリスタルケースバック)予価23万5000円(税別)。Ref.OR1A3CH133(SSケースバック)予価21万5000円(税別)。
「ラドウィッグ33 シャンパーニュ」。SS(直径32.8mm)。Ref.LD1A2CH233(サファイアクリスタルケースバック)予価21万円(税別)。Ref.LD1A2CH133(SSケースバック)予価20万円(税別)。
「テトラ27 シャンパーニュ」。SS(縦27.5×横27.5mm)。Ref.TT1A1CH1。SSケースバックのみ。予価21万円(税別)。

 1990年、ドイツ時計産業の中心地グラスヒュッテに創業したノモス。研究開発およびムーブメントの製造、組み立てまでの全般を自社で行うマニュファクチュールであり、クォリティと価格の釣り合いの良さに定評があるブランドだ。
 
 同社の特徴である、バウハウスの理念を色濃く反映したデザインも創業時から個性を貫き続けている。このたび、ノモス初のモデル「タンジェント」の誕生25周年を記念した新シリーズ「スモールシャンパーニュ」が発表された。シャンパンカラーはすでに自動巻きの別モデルで展開されているが、本シリーズは手巻きムーブメントでサイズダウンされ、女性をはじめそのファン層に新しい広がりが生まれそうだ。

 「スモールシャンパーニュ」は、既存の4モデルから構成される。ノモスの定番モデルであり、偶数のインデックスのみをアラビア数字で表示する「タンジェント」、バーインデックスの「オリオン」、ローマ数字インデックスの「ラドウィッグ」、そして「タンジェント」のデザインをスクエアケースに収めた「テトラ」だ。
 
 ケースバックは、ムーブメントの動きを楽しむことができるサファイアクリスタルケースバックと、好きな文字を刻印できるステンレススティールケースバックの2種類から選ぶことができる。女性へのプレゼントとしても喜ばれそうだ。


Contact info: 大沢商会 Tel.03-3527-2682

前の記事

ジャケ・ドロー新作「トロピカル・バード・リピーター」

次の記事

ノットが産学連携プロジェクトを実施

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP