MEMBERS SALON

「ものづくり日本大賞」をシチズン時計子会社の荒井寛子氏が受賞(1/1)

「第7回ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)」を受賞した、シチズン時計マニュファクチャリング飯田工場所属の荒井寛子氏。


 日本の産業や文化を支えてきた「ものづくり」を継承し、発展させる目的で設立された「ものづくり日本大賞」。この賞は厚生労働省、文部科学省、経済産業省および国土交通省の4省が連携し、平成17年より隔年で開催されてきたものである。このたび2018年1月15日に発表された「第7回ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)」において、シチズン時計の製造子会社であるシチズン時計マニュファクチャリング飯田工場所属の社員、荒井寛子氏が選ばれた。

 荒井氏は1979年に平和時計製作所(現シチズン時計マニュファクチャリング)に入社。時計製造部外装課に配属され、94年には同部モジュール課へ異動し、高級時計の高精度・高性能を実現するムーブメントと外装の組み立てにおいてキャリアを重ねた。
 荒井氏が頭角を現し始めたのは2004年。同年のうちに「1級時計修理技能士」と「職業訓練指導員時計科」の試験に合格したほか、「時計組立マイスターA級」に認定され、さらに「長野県職業能力開発協会会長表彰(県知事賞)」においては「長野県技能競技大会1級時計修理部門」で第1位に輝いた。
 2012年には「卓越技能者長野県知事表彰(信州の名工)」、2016年には「卓越した技能者厚生労働省大臣表彰(現代の名工)」にも選出された。
 2017年には女性初となる「信州匠」の時計修理士の特級を取得。そして、このたびの「ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)」受賞に至った。

 女性の時計修理士の活躍が目覚ましい、今日を象徴するような明るいニュースである。

荒井氏が製造に関わったモデルのひとつ、漆の加飾技法を用いた「カンパノラ『琉雅』」。2015年に「カンパノラ」の誕生15周年を記念して作られた、最高峰モデルである。自動巻き+手巻き(Cal.Y513)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。SS(直径42mm、厚さ14mm)。日常生活防水。ワニ革ストラップ。80万円(税別)。



Contact info: シチズンお客様時計相談室 Tel.0120-78-4807

前の記事

【プレBASEL2018新作】ベル&ロス ヘリテージを冠したふたつの新作

次の記事

名作映画からインスピレーションを得た「ヴォルテックス・ガンマ」の新作

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP