MEMBERS SALON

スピーク・マリンの新しい「クレイジースカルズ 」(1/1)

スピーク・マリン「クレイジースカルズ 2018」。手巻き(Cal.SMA-HH-02)。2万1600振動/時。パワーリザーブ約72時間。18KRG(直径42mm)。3気圧防水。アリゲーターストラップ。2018年5月以降発売予定。予価4500万円(税別)。

  2017年のSIHHで、ミニッツリピーターとトゥールビヨンをひとつの時計に組み込んだ「クレイジースカルズ」を発表したスピーク・マリン。1年を経て、さらに進化した新モデルを発表した。

 スピーク・マリンの「キャビネ・デ・ミステール」は複雑技巧シリーズとして展開される。その中の「クレイジースカル」は、時刻を音で知らせるミニッツリピーター機構を搭載し、その作動時に6時位置のスカル(骸骨)と12時位置のインデックスが動くオートマトン機構を備える。ミニッツリピーターの作動時には、ハートの形を表すふたつのスカルの重なりが離れ、その下からフライングトゥールビヨンが現れる。

 2017年モデルからの変更点として、平面にペイントされていたスカルが、本作では手彫りによる立体感ある造形となった。またインナーベゼルには文字が彫り込まれ、このインナーベゼル部分までサファイアクリスタルで覆われる。ムーブメントには時刻調整時のリピーターの誤作動を防ぐために開発され、特許を取得したセーフティーモジュールが新たに組み込まれ、前モデルから進化している。
 2018年5月以降に受注生産を開始するということであるが、ぜひ実機を手に取り、動きと音色を確認してみたい。


Contact info:大沢商会 Tel.03-3527-2682

前の記事

「A.ランゲ&ゾーネ銀座」のオープン10周年を祝した限定モデル

次の記事

【平昌五輪】オメガが計時ハイライトを公開

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP