MEMBERS SALON

モリッツ・グロスマンが“レッド・ドット・デザイン賞”を受賞(1/1)

/


(写真1枚目)モリッツ・グロスマン「ベヌー・トゥールビヨン」。Ref.MG-000779。手巻き(Cal.103.0)。30石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約72時間。18Kホワイトゴールドケース(直径44.5mm、厚さ13.8mm)。世界限定10本。2300万円(税別)。
(写真2枚目)モリッツ・グロスマン「アトゥム・エナメル」。Ref.MG-000804。手巻き(Cal.100.1)。20石。18000振動/時。パワーリザーブ約42時間。18Kローズゴールドケース(直径41.0mm、厚さ11.35mm)。世界限定25本。380万円(税別)。


 モリッツ・グロスマンは、「ベヌー・トゥールビヨン」と「アトゥム・エナメル」の2モデルで2018年度の“レッド・ドット・デザイン賞”を受賞した。

“レッド・ドット・デザイン賞”はドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定を行う、60年以上もの歴史を持つデザイン賞で、iF賞(ドイツ)、IDEA賞(アメリカ)と並ぶ3大デザイン賞として世界で最も権威ある賞のひとつとされている。過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準において厳格な審査を通過したプロダクトに贈られる。2018年は59カ国から48のカテゴリーで6000以上ものプロダクトがエントリーされた。その中で、モリッツ・グロスマンはふたつのモデルで賞を獲得した。

 ひとつ目の受賞モデルは、ホワイトゴールドケースにブラックダイアルを合わせた「ベヌー・トゥールビヨン」。このモデルは2016年に世界限定10本で製作されたものだ。毛髪ブラシでテンワに負荷をかけずに優しく止めるストップセコンド機構や、3分間で1回転するフライングトゥールビヨンなど、いくつかのユニークな特徴と複雑な機構を備える。分針がトゥールビヨンの大きな円窓を通過している間でも、ふたつのサブダイアルの間に設けられた目盛りを分針のカウンターウェイトで読み取ることを可能とした新しいデザインは、現在特許を申請中だ。
 
 ふたつ目は、ローズゴールドケースの「アトゥム・エナメル」。このモデルは2017年に世界限定25本で発表された。グラン・フーエナメル文字盤に配されたクラシカルなローマ数字のインデックスのうち、12時のインデックスのみがブルーで印字され、モダンな印象を与える。ブラウンバイオレットに焼き戻された針も、今日ではモリッツ・グロスマンの象徴と呼ばれるほど認知されるに至った。

 今後のモリッツ・グロスマンの技術と創造性に一層期待が高まるニュースだ。

Contact info: モリッツ・グロスマン ブティック Tel.03-5615-8185

前の記事

「ピアジェ サニーサイド ラウンジ」がGINZA SIXにオープン

次の記事

秋田発「タイムアンドブーケ」が母の日イベントを開催中

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP