MEMBERS SALON

漫画2ショットの再現なるか? 12月2日 ローマン・ゴティエ氏が来日しイベントを開催(1/1)


 フィリップ・デュフォー氏に教えを受けた唯一の弟子であり「ロジカル・ワン」で名を馳せたローマン・ゴティエ氏が来日し、来る12月2日にクロノス日本版編集長 広田雅将との共演トークショーが催される。本イベントに、クロノス読者を優先招待いたします。

 スイス・ジュウ渓谷に拠点を置くローマン・ゴティエ。25人程のチームで年間約60本の時計を生産し、手間を惜しまず徹底的に美しさを追求するインディペンデント ウォッチメーカーだ。ゴティエ氏は確かな腕をもつ職人でありながら、MBAを取得した経営者でもある。彼の哲学と時計作りの優れた手法は、面取りの切断面の仕上げなど随所から読み取れる。地道な手作業により生み出される美しいパーツの曲線は目を見張るものがあり、ジュウ渓谷の伝統にのっとった磨きを施した仕上げに加え、下地を完璧に仕上げた上での独創性の高いデザインからは、堅実さとユニークさの両方が伺える。イベントでは、職人の手仕事に重きを置きながらも最新鋭の工作機械を用い徹底的にクォリティを追求した仕上げを、実機を手に取りながら体感できる。“美しい仕上げとは何であるか”を知り触れることができる貴重な場となるに違いない。


【「ローマン・ゴティエ」プレゼンテーション -美しい伝統的なスイス時計の仕上げ- 】
日時■ 12月2日(日)14:00~16:00 (13:30開場)
    14:00- クロノス日本版編集長 広田雅将 プレゼンテーション
    14:15- ローマン・ゴティエ氏 プレゼンテーション&広田とのディスカッション
    15:00- 実機タッチ&トライ
    15:45 終了予定
場所■ アンダーズ東京 51Fアンダーズスタジオ(東京都港区虎ノ門1-23-4)
応募方法■ 下記のフォームご記入くださいませ。

クロノス日本版 第79号での同ブランド取材漫画。
「フィリップ・デュフォーの愛弟子 ローマン・ゴティエが操る職人技と先端技術」
https://webchronos.net/comic/
今回イベントでは、ゴティエ氏と広田によるディスカッションも予定。2人への直接質問も受け付ける。漫画の再現なるか...!?



ご応募ありがとうございました。


Contact info: スイスプライムブランズ Tel.03-4360-8669

前の記事

ミッキーマウス生誕90周年を祝した限定アートスウォッチ2モデル

次の記事

職人技がさえるストラップの伊勢丹メンズ館限定レイモンド・ウェイル

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP