世界最大級の時計見本市「バーゼルワールド 2020」コロナウイルスで開催延期

NEWSニュース
2020.02.29

 2020年2月28日、イベント運営会社のMCH グループは、世界最大級の時計見本市であるバーゼルワールド 2020の延期を公表した。同イベントは、2020年4月30日から5月5日まで開催予定だったが、日程は2021年の1月28日から2月2日までに変更される。公式な理由は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が広まりつつあるため。

前日には別の見本市、ウォッチーズ&ワンダーズも中止

 その前日、バーゼルワールドに先立って開催予定だった時計見本市のウォッチーズ&ワンダーズ ジュネーブと、それに付随するイベント、イン ザ シティの中止が発表された。ウォッチーズ&ワンダーズ ジュネーブの決定を受けて、バーゼルワールド 2020も開催中止か延期を発表すると思われていた。

 28日に送付されたプレスリリースの一部を抜粋する。

 「ショーへの直接的な影響を意味する、大規模なイベントがが本日(28日)に禁止された上、バーゼルワールドは、すべての準備、とりわけホールとスタンドの建設が来週の開始予定であるため、中止の決定を下す以外の選択肢はありませんでした」

 バーゼルワールド 2020のマネージングディレクターであるミシェル・ロリス・メリコフは次のように述べる。「見本市を2021年1月に延期することにより、時計業界とすべてのお客様が1年を失うことを回避できると同時に、プレゼンテーションを行う期間である年初に、カレンダーをリセットする解決策を見つけました。延期の決定により、バーゼルワールドは、新しいフォーマットとソリューションの開発及び提供、および私たちの提案する新しいコンセプトを継続できます」(プレスリリースからの一部抜粋)

決定打となった、政府による大規模集会の中止決定

 バーゼルワールドを運営するMCH グループは、会場であるメッセバーゼルの工事が始まる3月2日の午前に、バーゼルワールド 2020に関する最終的な決定を下す予定だった。しかし、プレスリリースが示すとおり、スイス政府は、2月28日に1000人以上が集まる大きなイベントの停止を決定した。28日の発表によると、停止期間は3月15日まで。しかし、スイス及びヨーロッパにおける新型コロナウイルス感染症の拡大次第では、停止期間がさらに延びる可能性がある。

 新型コロナウイルス感染症のスイスにおける感染者数は、2月25日まで0人だったが、27日は4人に増え、28日には13人と急増した。また、スイスと国境を接するイタリアのロンバルディア州では、300名以上が新型コロナウイルス感染症に感染しており、今なお増加中だ。

 なお、バーゼルワールドを運営するMCH グループは半官半民の会社であり、株式の33.50%をバーゼル・シュタット準州のバーゼル市が、7.80%を同準州のリースタール町が、4.00%をチューリヒ州が、3.70%を同州のチューリヒ市が所有する。スイス政府の決定が、バーゼルワールド 2020の開催延期に強い影響を与えたことは想像に難くない。


SAME BRAND同じブランドの記事