ボールウォッチの2020新作「ロードマスター マリン GMT」

NEWSニュース
2020.04.30

青 × 黒、or 緑 × 黒。2 タイプのベゼルが選べるGMT

 国内では未展開だった「ロードマスター」シリーズが第6 番目のシリーズとして、遂に日本に初上陸する。「ロードマスター」シリーズは列車を走らせる線路の敷設、保守、点検を主目的とする「保線夫」を意味する。本機のGMT 機能はケースサイド10 時位置のプッシュボタンを押すと24 時間針が1 時間進み、8 時位置のプッシュボタンを押すと1 時間戻る仕組みになっており、容易に第2 時間帯の時刻設定が可能なほか、緑黒、青黒で昼夜が分けられた回転ベゼルによって第3 時間帯まで表示することができる。

  • ロードマスター マリン GMT

    全体的にヘアラインで仕上げたケースはややグレイッシュでマッチョな雰囲気だ

  • ロードマスター マリン GMT

    トランスパレントバックから自動巻きのメカを堪能できる

  • ロードマスター マリン GMT

    厚さは14 mm。シャツの袖にギリギリ引っかからないため、ビジネスでも着用可。

  • ロードマスター マリン GMT

    SSブレスレットはNATOストラップへの変更も可能

  • ロードマスター マリン GMT

    大きな切込みを入れたベゼルは指なじみが良く使いやすいだろう

  • ロードマスター マリン GMT

    グリーンとオレンジ2 色で明るく自発光するマイクロガスライト

  • グリーンと黒のベゼルは他社ではまだ少ない組み合わせ

  • 第2時間帯針は進みも遅れも1プッシュで1時間ずつ動く

  • ボールウォッチの新作「ロードマスター マリン GMT」は2 タイプのベゼルを選べる

ロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMTロードマスター マリン GMT
/

プッシュボタンで第2時間帯の針は1時間ずつ進められ、遅らせられる

ボールウォッチ「ロードマスター マリン GMT」
プッシュボタン操作の禁止時間帯はないが、同時に2 つのプッシュボタン操作は禁止、またリューズ操作と同時にプッシュボタンの操作も禁止である。
■自動巻き(Cal.RR1203-C)。25石。2万8800振動/時。COSC認定クロノメーター。SSケース(直径40mm / 厚さ14mm)。耐衝撃性:5,000Gs (高さ1.0mから自由落下にて木の床に落とした時に受ける衝撃と同等の衝撃テストを実施)。パワーリザーブ約38時間。200m防水。290,000円(税別)。7月以降発売


針・文字盤に27個の自発光マイクロ・ガスライトを搭載

 両方向に回転するベゼルの24 時間表示リングを併用すれば3 か国の時刻がわかる。スーパールミノバの70倍も発光するマイクロガスライトの発光色はグリーンとオレンジの2 色なので、暗闇でも容易に時刻を判別可能。


Contact info: ボール ウォッチ・ジャパン Tel.03-3221-7807

ボールウォッチ「エンジニアマスターⅡ」の新作ダイバー ワールドタイム


https://www.webchronos.net/news/44643/
C.O.S.C.について知っておきたい5つのポイント


https://www.webchronos.net/features/30124/