オリエント 日本のスケルトンを持つ矜恃

2017.02.03

オリエントスター スケルトン WZ0041DX
視認性と実用性、そして、スケルトンとしての“抜け感”を兼ね備えたモデル。ムーブメントの原型は、1991年に発表された「モンビジュ」にさかのぼる。しかし、スモールセコンドの追加など、大々的な改造が施された。手巻き(Cal.48E51)。23石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約50時間。SS(直径39mm)。5気圧防水。24万円。

46周年を迎えたオリエント46系ムーブメント最進化形

実用時計メーカーながら、熱狂的な愛好家を擁するオリエント。
手の届く価格帯で、他の時計メーカーが行わない試みを続ける同社が、コレクターを刺激しないはずがない。
そんなオリエントの姿勢は、最も「らしからぬ」と思われていたスケルトンも例外ではない。

奥山栄一:写真
Photographs by Eiichi Okuyama
広田雅将(本誌):文
Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)