MEMBERS SALON

新生オリエントスターを磨き上げた実直なる異端児たち(1/1)

メカニカルムーンフェイズ RK-AM0001S
 ハイエンド路線を志向する“新生オリエントスター”。基礎設計が1970年代に遡る46系ムーブメントのブラッシュアップの他、高級時計然とした佇まいを醸す。職人の手作業で先端を曲げた針や、両球面サファイアガラスの採用など、ディテール面も充実。自動巻き(Cal.46系F7)。22石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約40時間。SS(直径41mm、厚さ13.8mm)。5気圧防水。17万円。
吉江正倫:写真 Photographs by Masanori Yoshie
鈴木裕之:取材・文 Text by Hiroyuki Suzuki

ORIENT STAR
Concept & Design Story

 ハイエンド路線に大きく舵を切った「オリエントスター」が好調な実績を記録しているという。新生オリエントスターを象徴するモデルとして企画された「メカニカルムーンフェイズ」が目指したものはクラシックデザインの再構築。それを手掛けた作り手たちは、どのような想いと矜持を託したのだろうか?

(右)1951年にデザインされた“OSマーク”を菱形に収めた型打ちパターン。新生オリエントスターが掲げる“3つのよろこび”のうち、“繋ぐ慶び”をイメージさせる、調和のとれたバランスが美しい。
(左)デザインチームが最後までこだわった、スラリと伸びた針の造形。針が長くなるほど、先端部分のブレなど、製造段階での難易度は上がる。高級機としての矜持を端的に示す部分だ。

 新生オリエントスターが高らかな産声を上げたのは2017年6月のこと。オリエント時計が1951年から用いてきた基幹コレクションの名を受け継ぎつつ、完全刷新された新体制下で発表されたモデルが「メカニカルムーンフェイズ」であった。正式発表とほぼ同時に市場展開を開始し、8月にはファーストロットが完売。予期していなかったと思われる即増産のリクエストに、昨年末頃まで製造現場は蜂の巣を突いたような騒ぎだったという。旧来のブランドイメージから一転して、ハイエンド路線を選択した英断は、ひとまず大きな成功を収めたことになる。
 メカニカルムーンフェイズには、新生オリエントスターのブランドアイデンティティを明文化するという、もうひとつの使命があった。蛇足ながら旧体制下での区分をおさらいしておくと、国内市場向けのオリエントスターに対し、海外市場向けにやや安価なプライス設定を施したオリエント。ただし、その違いは伝わりにくかったようだ。個人的な印象では、機械式のエントリーラインに特有な、洗練を欠く反面で、稀に突出した個性が光る面白い時計のひとつであり、この点はデザインチーム側も〝真面目な異端児〞だったという言葉で同意を示した。なぜこんな昔話をするかと言えば、経験値が高い時計愛好家ほど、新生オリエントスターの立ち位置を誤認しやすいからだ。セイコーエプソン主導で再構築された、新生オリエントスターの本質とは、〝実用的にして上質な時計〞なのだ。
 その尖兵となるメカニカルムーンフェイズのデザインコンセプトとしては、〝真正面からクラシックに向き合うこと〞が掲げられた。この場合のクラシックとは、〝舶来の文化〞である腕時計の古典をリスペクトしながら、いかに日本的なオリジナリティを盛り込めるか、というテーマと同義であった。
 46系ムーブメントのリファイン作業と並行しながら、デザインチームはまずダイアルの造形から着手。ローマンインデックスの採用を基本線としながら、型打ちパターンの試作を重ねた。テンプ部分にはすでに好評を博していたスケルトンの意匠を残しつつ、サークルを重ね合わせるアイデアが煮詰められてゆく。テンプのオープン部分を、コインエッジのサークルが跨ぐ造形は、〝真面目な異端児〞だった時代から受け継がれたデザインへの愛情が感じられる部分だ。最も難航したのは、先端を曲げた分針長の決定だ。デザイン側としては針を少しでも長くしたい。しかしムーブメント設計が煮詰まっていない段階では、安全率を見込んだ設計値が算出できない。さらに針が長くなればなるほど、組み付けの難易度も大きく上がる。最終的には製造現場まで巻き込んでの〝大論争〞の末、現在のスラリと長いブルーIP針が実現された。もっとも、ムーンフェイズの位置などを含むムーブメント設計の自由度や、難易度の高い製造工程を可能としたのは、セイコーエプソンの高い技術力によるものだ。最終仕様の決定は16年11月。そこから市場投入までの時間がほとんどなかったことを考え合わせれば、冒頭に挙げた〝大成功〞はまさしく快挙だろう。その陰には、デザインに取り組んだスタッフの時計愛と、それを支える確かな技術があったのだ。

バイプロダクトモデルとなる「セミスケルトン」と同時進行したデザイン作業。彼らの言う“クラシック”とは、いわば“コンテンポラリースタンダード”と同義語であり、伝統を護りながら進化してゆくための、その骨子となる要素を指す。OSマークを配した型打ちや、サークルモチーフの重なりといった要素は、新生オリエントスターのアイコンとなっていくはず。一方、逆台形の菊型リュウズなど、使い勝手にこだわった部分も美しい。

Contact info: オリエントお客様相談室 ☎042-847-3380

前の記事

USEN-NEXT島田「時計で自己演出する男の審美眼とは?」

次の記事

リシャール・ミル 2018超速報

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP