MEMBERS SALON

USEN-NEXT島田「時計で自己演出する男の審美眼とは?」(1/1)

produced by MITSUKOSHI WORLD WATCH GALLERY
USEN-NEXT島田「時計で自己演出する男の審美眼とは?」


クロノス日本版編集長 広田雅将
×
USEN-NEXT HOLDINGS
取締役副社長 COO 島田亨
vol.1 少しつま先立ちした時計がスマート

広田: 島田さんはエンジェル投資家として人を見る時の基準をはっきりお持ちでいらっしゃると思います。時計に対しても同じように判断基準をお持ちなんでしょうか。

島田: 投資先を選ぶような明確な基準があるわけではないですが、時計は自分らしさを表現するひとつの道具だと思っています。ですからどういう時計をどのようにつければどう見られるかということは考えますね。

広田: それはいつ頃からですか。


詳細は三越WORLD WATCH GALLERYにて掲載中


前の記事

トゥルーム / 自分仕様に育てる TRUME 第2弾

次の記事

新生オリエントスターを磨き上げた実直なる異端児たち

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP