MEMBERS SALON

玉石混交のアンティーク市場で愛好家が依るべき基準とは(1/1)

[クロノス日本版2018年5月号より転載]

ジョン・ゴールドバーガー:写真
Photographs by John Goldberger
ダビデ・ムナーリ:文
Text by Davidé Munari

 ヴィンテージウォッチ市場の現状を正しく読み取ることはとても難しい。一般人やオークションの観察者、そしてヴィンテージ時計のコレクターでさえ、オークションが特定の時計に付けた驚くべき落札価格を強調する、ニュースのヘッドラインに定期的にさらされているからだ。

 近年、これらヘッドラインの話題となっているのは、もっぱら公開オークションで達成された、ヴィンテージのロレックスコスモグラフ デイトナの大幅な価格上昇である。相対的な質や希少性を考えると、デイトナ、とりわけ「ポール・ニューマン」文字盤を装備した個体の価格は、今や想像を絶するほどに高価だ。この価格の高騰はディーラーがゆるい「ポール・ニューマン」の文字盤を、同時代のデイトナケースに組み込んだ「ガッチャ」が生み出したものであり、ヴィンテージの手巻きデイトナの多くは、今流通している形として生み出されたものではなかった。こうなった理由は、ロレックスがアーカイブの情報をマーケットと共有しなかったためであり、結果、ディーラー同士で最も語られる話題は、何が正しく、何が間違っているかになった。「ポール・ニューマン」デイトナは一般の人々が身に着けてもクールなアイコンであり、ステータスシンボルとすぐに分かるため、最近ヴィンテージ時計の世界に足を踏み入れたお金持ちの初心者バイヤーにとっても、一貫してショッピングリストの一番上にある時計だ。セレクトオークションの結果を伝える評判の良いメディアのヘッドラインは、彼らのこういった嗜好をいっそう強める。そしてディーラーたちは、彼らの需要を満たすために、多くは「ガッチャ」時計だが、喜んでそういった個体を入手する。

 オーレル・バックス率いるフィリップスの時計部門は、デイトナの専門家であるプッチ・パパーレをはじめとする識者とともに時計を美化するため、驚くほど専門的に撮影された写真や、文章で満たされたカタログ、そして最も美しく「組み合わせた」時計を作って市場に出し、洗脳された裕福な新しい買い手たちに向けて販売している。

It is very difficult to get an accurate read on the current state of the vintage watch market. Casual laymen, observers, and even collectors of vintage watches are periodically inundated with news headlines highlighting the incredible prices achieved by certain watches at auctions.

    In recent years, some of these headline-making watches have been vintage Rolex Daytonas, solely due to the large increase in prices achieved at public auctions. For serious and experienced collectors, dealers, and even scholars with skin in the game, current prices are unimaginably high considering the relative quality and rarity of these watches, particularly the Daytonas with so called “Paul Newman” dials. Many of the examples changing hands in the worldwide market today are “put together” watches, with dealers putting loose “Paul Newman” dials into “period correct” cases, for a very large percentage of these vintage manual-wind Daytonas were not born in their present configurations.

    Due to the fact that Rolex does not share archive information with the market, what is “correct” versus what isn’t, is most often one dealer’s word against another’s. For the moneyed novice buyer getting into vintage watches in recent times, the watch consistently at the top of the shopping list has been the “Paul Newman” Daytona: it is instantly recognizable on the wrist as a cool icon and status symbol, even to the general public. Popular media headlines broadcasting select auction results tend to reinforce this perception of desirability. Dealers are happy to procure, or in many cases “assemble” these watches, to feed the demand.

    The watch department at Phillips, led by Aurel Bacs, is working with scholars such as Daytona expert Pucci Papaleo to package, market, and sell the most beautifully “put-together” examples to deep-pocketed new buyers hypnotized by catalogues filled with amazing, professionally taken photographs and language glorifying the watches.

ヴィンテージロレックスの中でも特に希少性が高く、高品質な「オイスター ムーンフェイズ Ref.6062」。
“Oyster Moonphase Ref.6062,” which is outstanding in rarity and quality among vintage Rolex watches.

 5月開催のフィリップス〝デイトナ アルティメイタム〞セールに出展されるホワイトゴールドのヴィンテージデイトナは、最高価格を更新するだろうか。時が経てば分かるだろう。しかし、こういったデイトナは、バルジュー72をベースとしたムーブメントと、「工業印刷」というなかなかうまく表現された方法で作られた文字盤を搭載する、大量生産のクロノグラフだ。ならば、より希少性があり、高品質な、いっそう重要性の高いモデルと比較した場合、ヴィンテージデイトナの価格は、永久には現在の価格レベルには留まらないはずだ。ヴィンテージロレックスのラインナップの中で、そういうモデルの例には、オイスタームーンフェイズ Ref.6062、ダトコンパックス“ジャン=クロード・キリー”、そして1930年代や40年代に作られた初期のクロノグラフが挙げられる。ヴィンテージデイトナの価格は、長期間「不合理」に留まるかもしれない。しかし、長期的に見れば、従来のパテック フィリップやヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ ピゲ、ロンジンといった伝説的なスイスメーカーが製造した、卓越した美学と品質、そして希少性を備えた重要なモデルの方が、高値を付けるだろう。

 ヴィンテージ時計に対する評価と人々の鑑識眼の向上が、Hodinkeeのような時計ブログやジョン・ゴールドバーガーといった、人々の嗜好を作る重要な識者たちのおかげで、大変に力を持つことは疑いないし、そう遠くない未来も、そうであり続けるだろう。彼らの影響のもと、特定のヴィンテージ時計は高価なアクセサリーから芸術的価値を持つ装飾品へと進化を遂げ、当然ながら多く投資される。そして、稀少で美しく高品質なヴィンテージ時計を持つことは、ただ時間を計るだけでなく、文化、創造、芸術における数世紀にわたる人間の英知を総合した驚くべき存在を所有することだと、その所有者たちに日々思い起こさせるはずだ。

How much longer can the merry circus last for vintage Rolex Daytonas? No one can know for sure, but Yours Truly cannot but be amused by a recent anecdote wherein a local taxi driver asked if I had a Paul Newman Daytona in the collection once he discovered through our nonchalant banter that I liked vintage watches. Can the Phillips Daytona Ultimatum sale this May mark the climax for vintage Daytona prices? Time will tell. But for a mass-produced chronograph wristwatch with a movement based on Valjoux 72 and dial graphics made by methods quite aptly described as “industrial printing,” with a production number totaling many tens of thousands (for manual wind Daytonas, all references combined), perhaps prices cannot stay at current levels forever, at least relative to other much rarer, higher quality, and arguably much more important models. Within the vintage Rolex lineup, these watches include the Oyster moon phase reference 6062, the Datocompax “Jean Claude Killy,” and early chronographs made in the 1930s and 1940s. Prices can stay “irrational” for extended periods of time, but in the very long term, watches of great aesthetics, quality, and rarity should, rationally, achieve higher prices, including important models made by other fabled Swiss manufacturers such as Patek Philipe, Vacheron Constantin, Audemars Piguet, and Longines in the past.

    There is no question that the broad trend of rising appreciation and connoisseurship in vintage watches is very much in force, and will likely remain so in the foreseeable future, thanks to watch blog phenomena like Hodinkee and important taste-making scholars such as John Goldberger. Under their influence, certain vintage watches have evolved from precious accessories to objets d’art and serious investments, perhaps rightfully so, because a rare, beautiful vintage watch of high quality doesn’t just measure time, but is a daily reminder to its owner that he possesses an incredible object synthesizing centuries of human genius in culture, craft, and art. 

俳優のポール・ニューマンも愛用していたことで有名な、いわゆるデイトナ“ポール・ニューマンダイアル”。
Daytona “Paul Newman Dial,” which is famous because the actor Paul Newmon wore it frequently.

 価格の高騰した現在のヴィンテージ時計市場において、私たちは何を収集すべきだろうか。あなたのターゲットがロレックスで、売りに出る個体が比較的良好なコンディションであると仮定すると、あなたはポール・ニューマンの「RCO」文字盤を備えたRef.6263を購入するだろうか。あるいはRef.6239“Stelline”か、デイトナRef.6239、それとも30〜40年代初期のクロノグラフだろうか。もし、ロレックスがピカソのような存在であり、この場において、ピカソの絵と同価格と仮定するならば、あなたはピカソが手掛けた60年代の版画と40年代以前の油絵のどちらを買うだろうか。トレンドは移り変わり、極端な感情やファッションは逆方向に揺り戻される。時計に莫大な資金を投じるコレクターならば、物の持つ本来の価値に対して基本的な鑑識力を持つことは極めて重要だ。そのため、今日のコレクターと熱狂的な時計愛好家にとっては、コンディションやオリジナリティを見極める目を養うことも重要である。コレクターの大多数がそういった目を持てば今後、オリジナルに近い状態のヴィンテージ時計が、品質の劣るものや「信用を落とす」コンディションの個体よりも、高値を付ける日が来るに違いない。

At current price levels for vintage watches, what are the ones to collect? If Rolex - arguably the most important maker of wristwatches in history - is your target as a collector, what are the models to buy? Assuming comparable conditions, do you buy a ref. 6263 with Paul Newman “RCO” dial or do you buy a ref. 6062 “Stelline”? Do you buy a Daytona ref. 6239 or do you buy an early chronograph from the 1930s or 1940s? If Rolex was Picasso, do you buy a 1960s print or a pre-1940 oil, assuming, for a brief moment, that prices were the same? From here, how will prices evolve not only for vintage watches as a whole but, more interestingly, between different models? Trends come and go and extremes in sentiment and fashion always swing back the other way.

    It is crucial to have a basic sense of the inherent “worth” of an object as a collector committing serious amounts of capital in a watch. For today’s collectors and enthusiasts, not only is it crucial to choose the right models, it is just as important to develop an educated eye for condition and originality. It is my firm belief that the “quality premium” will get even larger in the future. For a given reference, an example in better, more original condition will appreciate much more quickly than one in lesser or “compromised” condition: it will get exponentially difficult to find top condition examples of important models as most have disappeared into private collections.

ダビデ・ムナーリ
数多くのレアピースを所有するコレクター兼投資家。時計関係者やオークショニアに多くの知己を持ち、広範な知識を誇る。オークションに出品される数千万円から数億円の時計を、投資対象ではなく実際に買う目線で見ることのできる世界でも数少ない人物。
International connoisseur and collector of important wrist and pocket watches.


前の記事

フルキャストホールディングス平野「個性ありきの生き方と時計選び」3

次の記事

読者の選ぶ「Chronos Top10 Watches Rankings」

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP