MEMBERS SALON

スタンダードの殻を破る 新時代のGSデザイン(1/4)

今年、コレクションを「エレガンス」「ヘリテージ」「スポーツ」の3つに分けたグランドセイコー。
その中のスポーツコレクションに追加されたのが、9Fクォーツを搭載する「キャリバー9F 25周年記念限定モデル」だ。
「タフ」をテーマに企画・開発されたこのモデルは、スポーツウォッチのパフォーマンスとディテールを持つ一方で、マルチパーパスに使用できる“インフォーマルウォッチ”として、数多くの要素が盛り込まれた。

スポーツコレクション キャリバー9F 25周年記念限定モデル SBGV247
耐磁性能や防水性能を高めたキャリバー9F 25周年記念限定モデル。視認性を高めるため、コントラストの高い印字と、ルミブライト入りの針並びにインデックスを持つ。またこの限定モデルには、シリコン製の強化ストラップが付属する。クォーツ(Cal.9F82)。SS(直径40mm)。20気圧防水。世界限定1000本。33万円。6月22日発売予定。


奥山栄一:写真
Photographs by Eiichi Okuyama
広田雅将(本誌):取材・文
Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

上記限定モデルには、シリコン製の強化ストラップが付属する。ストラップの全面に蛇腹を施すことで、腕に馴染みやすくしている。

 2017年にブランドの独立化を果たしたグランドセイコー。続く18年は、コレクションを「エレガンス」「ヘリテージ」「スポーツ」の3つに分けて、キャラクターをいっそう明確にした。その中でも注目すべきが、スポーツコレクションだろう。今までも、グランドセイコーにはスポーティーなモデルが存在した。しかし、本年は、これまでにない野心的なモデルが追加された。

 クォーツムーブメントの名機、9Fの25周年を祝ってリリースされるのが、スポーツコレクションのキャリバー9F 25周年記念限定モデルだ。デザインを担当した久保進一郎氏はこう説明する。「このモデルの開発にあたって、グランドセイコーにおけるスポーツとは何かを考えました。いざとなればスペック通りの能力を発揮できる。しかし、リアルスポーツからは一歩引いたところにある」。久保氏が述べたように、このモデルは、生半なスポーツウォッチ以上のパフォーマンスを誇る。防水性能は20気圧に高められたほか、ケース内に軟鉄製の耐磁板を加えることで、耐磁性能は1万6000A/mに向上している。また、リュウズも頑強なねじ込み式だ。だが、これは単なるスポーツウォッチではない。「このモデルの仕様が固まったのは、1年半程前です。その際、GS専用ムーブメントの中でも薄い9Fクォーツを載せようと決めました。ケースを薄くすることで、ストレスフリーな時計を作りたかったのです」(久保氏)。ストレスフリーへの配慮は、デザインにも見て取れる。裏蓋側のケースサイドは、グランドセイコーとしては珍しく、強い丸みが付けられている。薄いケースと相まって、腕馴染みは良好だ。

よく練られたディテールの数々。(左)あえて平面を強調したデザイン。防水性能を高めたため、ベゼルは厚みを増したが、側面のテーパーを強くすることで、上面を薄く見せている。(右)ケースサイド。ラグを短く切った結果、時計の全長は短くなった。そのため直径40mmにもかかわらず、取り回しは良好だ。
(左)コーデュラナイロン製のストラップには、タフに使ってもよれにくいSS製の定革が与えられた。また、ストラップの裏材には汗をはじくように工夫が凝らされている。腕馴染みへの配慮。ケースサイドの下部を丸く成形することで、腕への当たりを良くしている。(右)腕馴染みへの配慮。ケースサイドの下部を丸く成形することで、腕への当たりを良くしている。


 その一方で、久保氏はこの時計にスポーティーな要素を盛り込もうとした。「ケースを面で光らせることにより、力強さを強調したかったのです」。例えばケースの上面。力強さを強調するため、あえてフラットに成形され、強い筋目が与えられた。その一方で、厚みを増したベゼルは、側面に強いテーパーをかけることで、上面を細く見せている。メリハリの持たせ方が実にうまい。

 同様に、ストラップも力強さが強調された。採用されたのは、グランドセイコー初のコーデュラナイロン。
「より丈夫なケブラーも検討しましたが、表面の質感はグランドセイコーに相応しくなかった。そこでコーデュラを採用しました。レギュラーモデルは1000番、限定モデルは糸の太い1680番を選びました。また、ストラップを固定する定革も金属製に変更しています」

 十分な仕様を備えながらも、リアルなスポーツウォッチとは一線を画し、近年、各社が注力するオンオフを問わない〝インフォーマルウォッチ〟に挑戦したスポーツコレクションの新作。新生グランドセイコーに相応しい、大変魅力的なモデルだ。

スポーツコレクション (左)SBGV245 (右)SBGV243 
スポーツコレクション新作のレギュラーモデル。限定モデルはプレス仕上げの青文字盤だが、このふたつには標準的な黒と銀の文字盤が与えられた。また、コーデュラストラップの番手は、レギュラーモデルには1000番を採用。いわば、シチュエーションを選ばないインフォーマルウォッチ。デザイナーの久保氏いわく「オフの日にもかっこよく使えるグランドセイコー」とのこと。クォーツ(Cal.9F82)。SS(直径40mm)。20気圧防水。30万円(税別)。7月20日発売予定。
今回、デザインを担当したのが、久保進一郎氏だ。1999年、セイコー(現セイコーウオッチ)に入社した彼は、2003年よりグランドセイコーのデザインを担当する。現在はその中でも、スプリングドライブやクォーツムーブメント搭載機、スポーツモデルを中心に手掛ける。なお、グランドセイコーでの第1作は「スプリングドライブ GMT SBGE201」。
  1 2 3 4  
前の記事

フルキャストホールディングス平野「個性ありきの生き方と時計選び」2

次の記事

美女と時計 【最終回】美女と時計/第41回『カルティエを着けた女性』

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP