MEMBERS SALON

ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜/エボーシュってなんですか?(1/1)

Q:エボーシュってなんですか?

A:そもそもエボーシュ(ébauche)とは、フランス語で「下書き」「草稿」「素描」を意味し、時計の世界ではムーブメントの半製品をこう呼びます。今はムーブメント専業メーカーが作った汎用ムーブメントのことを指します。現在、エボーシュを作るメーカーには、ETA、セリタ、ソプロード、コンセプト、シーガル、ミヨタ、セイコーインスツルなどが挙げられます。そして、それらが製造するエボーシュの多くは、各時計メーカーの量産モデルに使用されます。しかし、中には高級時計に載るようなエボーシュばかりを製造するメーカーもあります。そして、その中で最も知られているのが、エルメスやリシャール・ミルなども採用するヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエです。なお、リシュモン グループは傘下のヴァル フルリエが製造するエボーシュに改良を加えて、“自社製ムーブメント”とする場合が多いです。また、スウォッチ グループの時計メーカーも、グループ内のエボーシュメーカーの協力を仰ぐことで、エボーシュを改良した、独自のムーブメントを載せるようになりました。他のメーカーに同じムーブメントが提供されていない場合、“自社製ムーブメント”と見なして良いでしょう。

スウォッチ グループ傘下のロンジンは、同じグループに所属するETAのエボーシュを改良した専用ムーブメントを採用する。手の入れ方を考えると、ETA製エボーシュというよりも、ロンジンの独自ムーブメントと呼ぶにふさわしい。写真はETA7750のクロノグラフプッシャーをシングルプッシュ式に改め、コラムホイールを加えてクロノグラフ機構やパワーリザーブを改善したCal.L788.2。


前の記事

リストグループ代表 北見「果敢に挑む男が選ぶ時計」3

次の記事

本田雅一、ウェアラブルデバイスを語る/『独自のブランディングで勝負するフォッシル』後編

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP