過去と現在をつなぐもの、タグ・ホイヤー「リンク」の変遷(前編)

FEATUREWatchTime
2019.02.27
どのようにしてタグ・ホイヤーは「リンク」を21世紀に向かって打ち出したのだろうか?「リンク」誕生時までさかのぼり、それを探ってみよう。前後編に分けてお届けする。
Originally published on watchtime.com
Text by Mark Bernardo

 1980年代から90年代にかけて、クォーツウォッチが隆盛を極めていたころ、スイスの伝統的な機械式時計はほぼ休眠状態にあった。1970年代までの頃と比べるとマイルストーンとなるような腕時計はほぼ生まれなかった。しかし常に例外はあるもので、その役割を担ったのが1987年にタグ・ホイヤーによって発表された「S/el(セル)」であり、1999年にタグ・ホイヤー「リンク」として生まれ変わったモデルである。

「リンク キャリバー17 クロノグラフ」

リンク キャリバー17 クロノグラフ

「リンク キャリバー17 クロノグラフ」。2018年発表。手巻き(Cal.17)。37石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。SS(直径41.0mm)。100m防水。SSブレスレット。48万5000円(税別)。


 “Sport elegance”の短縮形「S/el」はタグ・ホイヤーの新しいオーナーシップのもとに発表された新世代の旗艦モデルであり、1990年代からタグ・ホイヤーが発表していく6つのスポーティーな特徴を明らかにすべく存在したものであった。200m防水、ねじ込み式リュウズ、ダブル・セーフティークラスプ付きブレスレット、逆回転防止機能付き回転ベゼル、サファイアクリスタル製風防、蛍光塗料の採用などである。「S/el」は、それらの特徴を具現化し、当時のタグ・ホイヤーのベストセラーとなった。

「S/el」

S/el

「S/el(=“Sport elegance”)」は、リンクコレクションへの布石となった。「S/el」。1992年発表。SS。200m防水。生産終了。

 タグ・ホイヤーの2000シリーズを考案し、タグ・ホイヤーのみならず他ブランドのデザインも多く手掛けたデザイナーがエディ・ショッフェルだ。彼が生み出したS/elは独創的で、すぐにそれと判別がつくブレスレットは連結したふたつのS字型のリンクで構成されている。ブレスレットには面取りが施され、なめらかにケースへと連なり、人間工学的に手首になじむ構造となっている。文字盤のデザインやケース形状ではなく、ブレスレットのリンクだけでどのモデルか分かる時計を世に送り出したのはタグ・ホイヤーが初だろう。


「リンク」

リンク

リンクは1990年代、タグ・ホイヤーのベストセラーモデルであった。

 1999年、機械式時計の復興の兆しが見えたとき、タグ・ホイヤーはS/elを見直して「リンク」と名付け、そのコレクションの特徴を維持しつつ外観の変更を行った。丸みを帯びたケースとブレスレットのエッジはS/elに比べて少し角張り、メルセデス針はバトン針に替わり、12時・6時・9時位置には大きめのアラビア数字が配された。外周にはバトン型のインデックス、そしてアワーマーカーには蛍光塗料が塗布された。「リンク」はクォーツ式と自動巻き式の展開をし、2001年にLVMH(Moët Hennessy Louis Vuitton)グループに買収される前に発表された最後のモデルとなった。


「S/el」

S/el

ケース一体型のダブルS字型のリンクによって構成されたブレスレット。

 リンクコレクションは、2002年からそのモデル名を文字盤に記すようになった。2004年にはより滑らかでフラットなベゼル、さらに細くなった針、2層になった文字盤を採用したクロノグラフモデルが加わり、高級モデルとしてさらなる高みを目指すこととなった。クロノグラフのタキメーター表示は2006年に文字盤から固定式ゼルへと位置を移し、2007年からはシースルーバックを採用。同時に、タグ・ホイヤーはキャリバー16(ETA7750またはセリタSW500)、キャリバー5(ETA2824-2またはセリタSW200)、キャリバー6(ETA2895-2またはセリタSW260-1)などの自動巻きムーブメントの採用を増やしていった。2011年からはクッションシェイプのベゼルや、リュウズとプッシャーのデザイン変更やS字型リンクのスリム化などが図られた。


「リンク レディ」

リンク・レディ

リンクの現代的なスタイルでのリバイバルは2016年のリンク レディから始まった。
「リンク レディ」。2016年発表。自動巻き(Cal.5)。37石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径41.0mm)。100m防水。SSブレスレット。68万5000円(税別)。


 このような舞台裏で、1963年に最初に発表された同ブランドの「カレラ」は、スポーツウォッチコレクションとして細々と存在し続けていた。しかし、LVMHグループ傘下の新しいリーダーシップのもと、創業一族の子孫であるジャック・ホイヤーが名誉会長として呼び戻されたことで転機が訪れた。彼は、過酷さで知られるロードレース「カレラ・パナメリカーナ」に名前の由来を持つこのモデルを21世紀の主力モデルとしてよみがえらせることに注力した。カレラと同様にブランドのアイコニックモデルである「モナコ」(1969年に華々しく発表された自動巻きクロノグラフ)、前衛的な「ホイヤー01」やコネクテッドウォッチの発表など、タグ・ホイヤーは注目を集め続けた。
 そして、タグ・ホイヤーは、クォーツショックから機械式時計復興までの厳しい時代を牽引してきたリンクも大切にしてきた。2016年、女性向けモデル「リンク レディ」を発表する。これはリンクのケースをより現代的に解釈したもので、丸みを帯びた角を持つクッションシェイプのケースと、そこからわずかにはみ出す大きなベゼルを融合させたものであった。またS字型ブレスレットの接続面を、流線形にしつつエッジを効かせた形状とした。ケースは小ぶりな32mm径で、素材にはステンレススティールのほか、リンクコレクションでは初めてセラミックスを採用。文字盤はブラックのマザー・オブ・パールや、ダイヤモンドがあしらわれたものなど数種類が展開された。

(続く)

Contact info: LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー Tel.03-5635-7054