オメガを代表するシーマスターの魅力とおすすめモデル9選

FEATUREその他
2021.08.10

オメガの高級腕時計は、月面着陸やオリンピックに関連したエピソードから、「スピードマスター」が真っ先に思い浮かぶ。だが、同シリーズとの二枚看板といえる「シーマスター」には、陸・海・空での多目的な着用に対応できるポテンシャルが備わっている。そんなシーマスターの魅力を探っていこう。

オメガ シーマスター


オメガとシーマスターについて知ろう

計測機器としての機能と性能を追求するオメガには、宇宙空間でも正確に時間を刻む「スピードマスター」と、深海でも完全に機能する「シーマスター」という2本の柱がある。

ここでは、オメガの歴史に触れつつ、シーマスターの概要について見ていこう。

オメガの歴史

ルイ=ポール・ブランとセザール・ブラン

ルイ・ブランが開設した時計工房を引き継いだのが、2人の息子であるルイ=ポール(左)とセザール(右)。1880年には工房をビエンヌに移し、94年に発表した19ライン キャリバーは高精度かつ優れたメンテナンス性を実現するのみならず、心棒とリュウズによって巻き上げと時間設定が行える革新的な設計によって「オメガ」の名が付けられた。

1848年に創業したオメガは、時計職人ルイ・ブランがスイス北西のラ・ショー・ド・フォンに開いた時計工房から始まった。

ルイ・ブランは創業当初から計時精度を追求していたが、2人の息子ルイ=ポールとセザールの代になると伝説的ムーブメント「19ライン キャリバー」を開発した。これを「究極の達成」を意味するオメガと名付けたのが、社名の由来である。

その後、オリンピックをはじめとする数々のスポーツ大会においてオフィシャルタイムキーパーを務めており、現在、オメガのクロノグラフは1/1000秒までの計測を可能にしている。

1969年7月21日にNASA(アメリカ航空宇宙局)のアポロ11号が月面着陸した際、宇宙飛行士が身に着けていたのはオメガの「スピードマスター プロフェッショナル」だ。

これは、今日においてもNASAの宇宙空間における船外活動に対して認定されている、唯一の腕時計である。

シーマスターはオメガの代表コレクション

初代「シーマスター」

1932年に誕生した角型の防水時計「マリーン」をベースに、 48年に発表されたのがラウンドケースにスクリューバックを採用した初代「シーマスター」。

オメガは1940年にイギリス軍や連合軍のウォッチサプライヤーに指定され、防水性能や耐衝撃性の強化に注力。48年にラウンド型ケースに自動巻きムーブメントを収めた防水腕時計「シーマスター」をリリースした。

オメガは地上と宇宙における計時だけでなく、シーマスターによって海底へも挑戦している。2019年に行われた「ファイブ・ディープス探査」は地球の海溝最深部に到達する試みである。

この計画に随伴した「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ プロフェッショナル」は潜水艇の船外に取り付けられ、水深1万925mの世界記録に到達した。

設計上はおよそ1500気圧、水深1万5000mという驚異的な水圧下で完璧に動作することを意味している。

映画でも活躍するシーマスター

シーマスター プロフェッショナル 300M

1995年に公開された『007 ゴールデンアイ』でオメガの時計が初めて登場。劇中でジェームズ・ボンドは、クォーツモデルの「シーマスター プロフェッショナル 300M(Ref.2541.80)」を着用した。

シーマスターは映画『007』シリーズで主人公のジェームズ・ボンドが着用する腕時計としても知られる存在だ。

1995年の『007 ゴールデンアイ』を皮切りに、97年の『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』、99年の『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』と、作品ごとにシーマスターもリニューアルするのだ。

映画でのシーマスターは重要な装備品として登場し、劇中と同モデルのシーマスターは実際に購入できる。

シーマスター ダイバー 300M 007エディション

2021年10月に公開予定の最新作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』でボンドが身に着ける時計と同仕様のモデルが「シーマスター ダイバー 300M 007エディション」。30気圧の防水性能と高耐磁性能を備えたマスター クロノメーターだ。自動巻き(Cal.8806)。35石。2万5200振動/時。パワーリザーブ約55時間。Ti(直径42mm)。30気圧防水。108万9000円(税込み)。


シーマスターの特徴

海中での完全な動作を前提とした「シーマスター」は、その実現に必要なメカニズムを小さなボディに凝縮している。

ムーブメントだけでなく、ケースやベゼルなど、あらゆるパーツが海中でのアクティビティに耐える仕様だ。ここでは、シーマスターの特徴について解説しよう。

高い防水性

シーマスター ダイバー 300M

ケースの10時位置には、深海に潜る際に時計内部に入り込んだヘリウムを逃すためのヘリウム エスケープ バルブを搭載。「シーマスター ダイバー 300M」では円錐形のバルブを採用し、海中での操作性を高めている。

ダイバーズウォッチの代表作であるシーマスターは、プロフェッショナルダイバーの使用にも耐える高い防水性能を備えている。

1万5000m防水を誇る「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ プロフェッショナル」のような特別なモデルを除いても、防水性能は軒並み150m以上だ。

さらに、水中でも完全に動作するプッシャーや経過時間の測定をミスしないための逆回転防止ベゼル、減圧中に風防やケースバックを保護するための「ヘリウム エスケープ バルブ」などのプロフェッショナル仕様の機能を備えている。

シーホースのレリーフ

シーマスター 300

最近のモデルはシースルーバックが大半だが、「シーマスター」のケースバックには代々、コレクションのアイコンでもあるシーホースが刻印されてきた。写真は1957年に発表された「シーマスター 300」。

シーマスターのデザインは「水の都市」として知られるベネチアと関連が深い。なかでも、ケースバックに描かれる「シーホース」のレリーフは、ベネチアにある有名なゴンドラの姿と、その側面に施されている彫刻から着想を得たものだ。

これはオメガが持つアイコニックなデザインのひとつであり、コレクターからの人気も高い。

シティ エディションズにラインナップされる「シーマスター Edizione Venezia」では、サン・マルコ寺院のクーポラやアーチ状の天井に着想を得た球状のリュウズやドーム型のダイアルなど、ベネチアへのオマージュも捧げている。

独自ムーブメントを追求

シーマスター アクアテラ 150M コーアクシャル マスター クロノメーター 41mm

現在「シーマスター」はその多くがマスター クロノメーターとなっており、精度はもとより、高い防水性や1万5000ガウスもの磁場にも耐える性能を有している。写真はコレクションのなかでもシンプルな「シーマスター アクアテラ 150M コーアクシャル マスター クロノメーター 41mm」で、このモデルにもマスター クロノメーターに認定されたキャリバー8900が搭載されている。

一般的に機械式時計は、3年周期程度でのオーバーホールが望ましいとされる。

しかし、オメガの腕時計は5〜8年でのオーバーホールを推奨している。このメンテナンス間隔の長さは、オメガ独自の「コーアクシャル脱進機」を採用していることが理由のひとつに挙げられる。

コーアクシャル脱進機では、ガンギ車とアンクルの接触面積が小さく、力のロスが減るとともに摩耗も少なくなっており、注油がほとんど必要ないのだ。

この機構を採用したムーブメントを搭載し、COSC認定(スイスクロノメーター検定協会)のテストと、METAS(スイス連邦計量・認定局)とオメガが共同で制定した厳格な検査をクリアした時計に付与されるのが「マスター クロノメーター」である。

日差±5秒という基準を満たす機械式ムーブメントの設計は、腕時計が持つ計測機器としての性能を追求してきたオメガならではだ。