世界で最も美しいクラシックカーレース“ミッレ ミリア”とショパールが発表した『ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ』

NEWSニュース
2024.06.13

440 台以上にのぼる世界最高峰のクラシックカーの集結、イタリア半島を縦断する息を呑むほどに美しい1,000マイルのルート。ショパールは37 年間という長きにわたって、この「世界で最も美しいレース」のオフィシャルタイムキーパー&ワールドスポンサーを務めてきた。ショパール共同社長であるカール‐フリードリッヒ・ショイフレの 1000 Miglia レースへの飽くなき情熱は、盟友ジャッキー・イクスと共に、愛車“メタリックストロベリー”のメルセデス・ベンツ 300SL ガルウィング(ゼッケンナンバー 264)を駆ってレースへの参戦を果たした。


ミッレ ミリア 2024 エディションの発表

ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ

 レースの参加者は、「ミッレ ミリア」ウォッチの 36th スペシャルエディションをいち早く目にすることができる。超耐久性を誇るメゾン独自のルーセントスティール™製『ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ』である。80% 以上のリサイクル率を実現したスティール素材を使用して製作されたこの 40.5mm 径のクロノグラフには、モーターレースの勝者に振られるチェッカーフラッグから着想を得た「ラ・ガラ」(もしくは「コンペティション」)文字盤と、常に最大限の視認性を確保する秀逸な“glass box(グラスボックス)”クリスタルの風防が装備されている。

 ノッチが刻まれた巻き上げリュウズ&ローレット加工を施したプッシャーが、スポーツカーのブレーキペダルを彷彿させながら、最適なグリップを約束する。サファイアクリスタルのケースバックからは、クロノメーター認定の機械式自動巻きムーブメントの精微な動きを鑑賞することが可能で、ブラックカーフのパンチングレザーストラップは、クロノグラフのサブダイヤルとマッチし、伝統的なドライビンググローブのデザインを想起させる。

ミッレ ミリア GTS クロノ リミテッド イタリアン エディション

 1000 Miglia 2024 へのオマージュを込めたふたつ目のタイムピースは、「ミッレ ミリア GTS クロノ リミテッド イタリアン エディション」だ。軽量なビーズブラスト加工のチタン製 44mm ケースが特徴のこのタイムピースは、伝説のレース 1000 Miglia が生まれた国であるイタリアに対しての心からの称賛を込め、100 本のみの限定モデルとして発売される。

ミッレ ミリア 2024 とミッレ ミリア 2024 エディション

  • ミッレ ミリア 2024

  • ミッレ ミリア 2024

  • ミッレ ミリア 2024

  • ミッレ ミリア 2024

  • ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ

  • ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ

  • ミッレ ミリア GTS クロノ リミテッド イタリアン エディション

  • ミッレ ミリア GTS クロノ リミテッド イタリアン エディション

/
マッシュルームタイプのプッシュボタンは、操作する際の利便性を考慮し、広い表面にギザギザとしたローレットパターンをエングレーブした。加えて、リュウズには大きめサイズの刻み目を施すことで、しっかりとつかめ、使い易さを高めている。

 どちらの新作「ミッレ ミリア」ウォッチも、今年のレースの最高のパートナーとなることは間違いないだろう。最初の車が正午にブレシアのスタートランプを出発し、製造年度の古い車から順次 20 秒間隔で続いていく。反時計回りのルートが採用された今年のレースは、第 1 日目にトリノの町を目指し、翌日は北イタリアの西海岸沿いを走り、活気あふれるリグリア州の州都ジェノバで昼食休憩を取る。

 2 日目はローマまでの中間地点ヴィアレッジョまで走行し、翌朝、美しいルッカの歴史保存地区を経由して内陸へ向かい、日暮れまでに“永遠の都”ローマに到着する。

 4 日目の区間では、スリル満点のプラート、フタ、ラティコーザの険しい峠を通過し、翌日の最終走行でブレシアに戻る。全工程約 1,076 マイルを走破した先にチェッカーフラッグが待っている。

ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ

ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ

ショパール「ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ」Ref.168619-3005
自動巻き。37石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約54時間。C.O.S.C.認定クロノメーター。ルーセントスティール™ケース(直径40.5mm、厚さ12.88mm)。50m防水。「ラ・ガラ」文字盤。138万6000円(税込み)。

 「ラ・ガラ(イタリア語でレースや競争を意味する)」と名付けられたこの文字盤は、カーレースのゴール地点で、フィニッシュラインを最初に通過する車に対して振られるチェッカーフラッグのカラーを再現している。3 つのブラックカラーのカウンターは、針やインデックスのアラビア数字のフォルムと同様に、コレクションカーのダッシュボードの特徴的なデザインを再現。速度や 距離の計算に不可欠なホワイトカラーのミニッツトラックとタキメータースケールは、いずれも目立つように配置される一方で、文字盤のマークと時針、分針にはホワイトカラーのグレードXIスーパールミノバ®が塗布され、高い視認性を確保している。

ミッレ ミリア GTS クロノ リミテッド イタリアン エディション

ミッレ ミリア GTS クロノ リミテッド イタリアン エディション

ショパール「ミッレ ミリア GTS クロノ リミテッド イタリアン エディション」Ref.168571-3019
自動巻き。27石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約48時間。C.O.S.C.認定クロノメーター。グレード2チタニウムケース(直径44mm、厚さ14.6mm)。100m防水。イタリア限定100本。※日本未発売。

 ミッレ ミリア クラシック クロノグラフより大きなケース径 44mm の「ミッレ ミリア GTS クロノ」スペシャルバージョンも発表された。「ミッレ ミリア」ウォッチコレクションの“フォルム&ファンクション”をさらに際立たせるこのタイムピースには、頑丈なマッシュルームプッシャーと大径リュウズが搭載され、レース時の使用に耐えうる強固なグリップ感と快適な操作性を実現している。またストラップは地中海から回収されリサイクルされたプラスティック廃棄物を原料としたSEAQUEL®糸で作られている。


Contact info: ショパール ジャパン プレス Tel.03-5524-8922


2024年 ショパールの新作時計を一気読み!

https://www.webchronos.net/features/113061/
ショパール「ミッレ ミリア」が選ばれる理由。歴史や特徴、名機を紹介

https://www.webchronos.net/features/77971/
「ミッレミリア」連続36回目のワールドスポンサー&オフィシャルタイムキーパーを務めるショパールの最新作

https://www.webchronos.net/news/97728/