MEMBERS SALON

「2017インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー」でロレックスが2冠獲得(1/1)

 日本時計輸入協会より、「2017インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー」のグランプリが発表された。

 同賞は2016年10月1日〜2017年9月30日の間に日本市場で正規販売が開始された輸入時計から、「顧客へ1番推薦したいモデル」を選ぶというもの。投票資格を有するのは、時計販売員の育成を目的として発足した「ウオッチコーディネーター検定」(CWC)の認定者だ。CWC試験では時計だけでなく接客や在庫管理の知識なども問われる。そのため、選出者は時計販売員、もしくはそれに準ずる知識を持つ人であり、投票される時計はあくまで販売員の目線で選ばれたものだ。この時計を選出する際の視点が、インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤーのユニークな点である。

 今回、メンズ部門のグランプリはロレックス「オイスター パーペチュアル スカイドゥエラー」(Ref.326934)が獲得。最先端技術と使いやすさを融合させたデザインやコストパフォーマンスの高さなどが評価された。同社はレディース部門でも新型ムーブメントやデイトジャストの機能性が支持されたロレックス「オイスター パーペチュアル レディ デイトジャスト 28」(Ref. 279174)でグランプリを勝ち取っており、見事2冠を達成した。

 選出結果は以下の通り。

「2017インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー」メンズ部門
・グランプリ ロレックス「オイスター パーペチュアル スカイドゥエラー」(Ref.326934)
・2位 ユリス・ナルダン「マリーン クロノメーター トゥールビヨン」(Ref.1283-181/E0)
・3位 タグ・ホイヤー「オウタヴィア ホイヤー02 クロノグラフ」(Ref. CBE2110.FC8226)

「2017インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー」レディース部門
・グランプリ ロレックス「オイスター パーペチュアル レディ デイトジャスト 28」(Ref. 279174)
・2位 オメガ「スピードマスター 38mm」(Ref. 324.28.38.50.02.002)
・3位 カルティエ「タンク フランセーズ ウォッチ」(Ref. W4TA0008)


Contact info: 日本時計輸入協会事務局 Tel.03-3270-5901

前の記事

ミナセ、ミッドサイズ腕時計を発売

次の記事

ファーブル・ルーバ「レイダー・ビバーク9000」、南極へ

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP