MEMBERS SALON

【プレBASEL 2018新作】ブレゲの新しいトゥールビヨン(1/1)

ブレゲ「クラシック トゥールビヨン エクストラフラット オートマティック 5367」
ブレゲのグランド・コンプリケーションには、グラン・フー・エナメルの文字盤が長らく待望されていたにもかかわらず採用されてこなかった。2018年の新作「クラシック トゥールビヨン エクストラフラット オートマティック 5367」は、トゥールビヨンをシンプルに美しく表現したモデルである。文字盤のデザインはミニマルを極め、表示機能を必要最小限にとどめて、あらゆる注意がトゥールビヨン機構へと向けられるように考案されているからに他ならない。ローズゴールドとプラチナの各モデルがあり、ローズゴールドにはマホガニーブラウン、プラチナにはブルーのアリゲーターストラップが組み合わされ、両モデルともムーブメントにロジウム仕上げが施されている。


 新作は、2013年に発表された「クラシック トゥールビヨン エクストラフラット オートマティック 5377」とは異なり、パワーリザーブ表示はなくされた。ブレゲは、このモデルで主役を演じるトゥールビヨンに目を引き付けるために、手作業で面取り仕上げをしたトゥールビヨンのブリッジに趣向を凝らし、スピネルをセットした。視認性も高く、伝統的なグラン・フー・エナメルによる純白の文字盤に対して、ブルースティールのブレゲ針が鮮烈なコントラストを成し、時刻がはっきり読み取れる。ブレゲ数字を配したチャプターリングは、11時位置にオフセットされ、5時位置のトゥールビヨンとシンメトリーを成して向かい合っている。

「クラシック トゥールビヨン エクストラフラット オートマティック 5367」の文字盤側はいたってシンプルだが、それとは対照的に裏から見えるムーブメントは贅沢に装飾され、受けや香箱、自動巻きローターには手彫りのエングレービングが施されている。慣性を高めるためにプラチナで作られたローターは、ムーブメントの外周で回転するペリフェラル方式なので、隅々までムーブメントを見渡すことができ、それとともに薄さも実現している。実際、時計全体の厚さは7.45㎜しかなく、ムーブメントはわずか3㎜である。この時計に搭載されたキャリバー581は、振動数が毎時4Hzで、約80時間のパワーリザーブを備えている。そのずば抜けた高性能は、主ゼンマイのコイル数を増やし、より多くの動力を蓄える“ハイエナジー”香箱(特許取得)によってもたらされる。

ブレゲ「クラシック トゥールビヨン エクストラフラット オートマティック 5367」
自動巻。18KRGケース。直径42mm。33石。80 時間パワーリザーブ。30m防水。価格未定。“グラン・フー”炉焼きエナメルダイヤル、Breguetのサイン、ブレゲ数字のチャプターリング。ブルー・スティールのブレゲ針。

 


Contact info: ブレゲ ブティック銀座 Tel.03-6254-7211
前の記事

パネライの干支シリーズ「シーランド」コレクションより、世界限定88本の戌年バージョン発売

次の記事

【プレBASEL 2018新作】HW エメラルド・コレクション

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP