NATOストラップの名前の由来はNATO(北大西洋条約機構)ではない!

NEWSニュース
2020.04.25

オメガのNATO ストラップは、遊び心あふれるアイテムだ。様々な素材と数え切れないほどのカラーバリエーションが魅力で、大切なタイムピースに付け替えるだけで、より自分らしい1本に早変わりさせることができる。真夏には特にNATOストラップへの付け替えがオススメだ。だがしかし、NATOストラップの語源や歴史について知る人は少ない。

  • オメガNATOストラップ
オメガNATOストラップオメガNATOストラップオメガNATOストラップ
/


オメガに学ぶNATOストラップの歴史

 オメガのNATO ストラップは、第2次世界大戦中に英国のパイロットや航海士、そして軍人が使用していたレザーやキャンバス製のストラップを起源としている。その頃の腕時計のストラップには、安全性を考慮して取り外し可能なバネ棒ではなく、はんだ付けの固定式バーが用いられていた。これはバネ棒に比べて壊れにくく、緊迫した状況下でもストラップが外れる危険性が低かったからだ。第2次世界大戦末期、英国防衛省は現在でも知られている防水腕時計(W.W.W.)の規定を制定し、オメガはこの規定を満たす膨大な数の時計を納品していた。もちろんこれらの時計は、固定式のバーに1本のストラップを通したスタイルだった。


英国防衛省はストラップの製造方法についても詳細に決めた

 1948年からは、英国軍のための新しい腕時計について特別委員会による協議が始まり、やがてDEF 3 スタンダードという規定が発表された。これは耐磁性、防水性、耐衝撃性を時計に条件付けるものであり、さらにストラップの製造方法についても詳細に決められた最初の規定であった。そして1950 年代初頭、この規定を満たした新しい腕時計の相当数の注文を受けた最初の企業がオメガだったのだ。


名前の由来はNATO(北大西洋条約機構)ではない

現在のオメガのNATO ストラップは、数百種類にも及ぶカラーバリエーションで、単色から国旗のデザインをモチーフにしたものまで豊富に揃っている。沢山のデザインから誰もが自分にぴったりのNATO ストラップを見つけることができるだろう。しかも付け替えは簡単なので、ファッションに合わせてストラップも簡単に着替えられる。

 1973年には、サイズ、色、素材などにいたるまでさらに細かいストラップの製造方法が制定された。英国軍人の標準装備のひとつとなったこのストラップは、NATO(北大西洋条約機構)そのものではなく、その加盟国メンバーによって承認されていた13桁のNATOストックナンバー (NSN:NationalStock Numberとも言う) にその名の由来があり、しばらくの間「G 10 NATO ストラップ」というニックネームで呼ばれていた。
(G 10:このストラップの申請に必要な書類の名前。)

 やがて、このストラップの頑丈さ、レトロな見た目のカッコよさ、そして歴史的背景に惹かれてコレクターが増えていったのである。

オフィシャルサイトのNATO ストラップのページ:https://www.omegawatches.jp/ja/accessories/nato-straps/product



Contact info:オメガお客様センター Tel.03-5952-4400