MEMBERS SALON

【78点】ベル&ロス/BR 03-92 ゴールデン ヘリテージ(1/4) 2014年11月号(No.55)

BELL & ROSS BR 03-92 Golden Heritage

ベル&ロスを身に着けて空を飛べば、クールなソサエティーの一員になれる。「BR 03-92 ゴールデン ヘリテージ」のような比較的エレガントなモデルも例外ではない。

アレクサンダー・クルプ: 文 Text by Alexander Krupp
OK-PHOTOGRAPHY: 写真 Photographs by OK-PHOTOGRAPHY
岡本美枝: 翻訳 Translation by Yoshie Okamoto


point
・計器を想起させるカルト的デザイン
・極めて良質な加工
・非常に使いやすい

point
・ムーブメントが簡素

コックピットでクールを装う

味や職業で飛行機を操縦する時計愛好家は極めて少ないだろう。ベル&ロスの場合も、文字通り「地に足の着いた」地上の顧客のほうが圧倒的に多いはずである。にもかかわらず、ベル&ロスがブランド創設以来、航空機や軍用機といったテーマにこだわり続けるのはなぜか。長年の交友関係にあったブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス︲アントニオ・ロシロ氏がパリで自分たちのブランドを立ち上げるべく手を組んだのは、1992年のことである。両氏は、パイロットのための機能的なタイムピースを作るという明確なコンセプトを当初から持っていた。2年の後、最初のパイロットウォッチコレクションが市場に送り出される。だが、この時計はフランクフルトを拠点とする計器時計のスペシャリスト、ジンが製作したものだった。当時のモデルはその機能的なデザインから、ジン特有の性格が前面に押し出されたものであり、今日ならひと目で分かるベル&ロスならではのデザインコードはまだ生まれていなかった。

今日では、パリ生まれのブランド、ベル&ロスのすべてのモデルでパイロットウォッチとしてのDNAを認識することができる。スイスで生産されるタイムピースは、フランス空軍のパイロットたちに愛用されており、フランス国防軍の他の部隊や警察などでも着用されている。

ネーミング、ロゴ、モデル

「ベル&ロス」というブランド名は、ベラミッシュ氏とロシロ氏のファミリーネームを英語風に略して組み合わせたものである。ブランドロゴは、学士号を持つ工業デザイナー、ベラミッシュ氏がブランド創設時にデザインしたものだ。丸で囲んだアンパサンドの左右に両氏のファミリーネームの一部が配されたロゴは当時より変わっておらず、丸の部分を文字盤に見立てると腕時計を上から見たような印象を与える。だが、今日のベル&ロスではラウンド型のモデルよりも、一辺の長さが46㎜という巨大なケースで2005年に登場したBR 01に象徴されるスクエア型のモデルのほうがよく知られている。後に、ケースサイズ縦42×横42㎜のBR 03や、縦39×横39㎜のBR Sもリリースされた。

2013年にリリースされた「BR 03︲92 ゴールデン ヘリテージ」は、ミドルサイズでありながら圧倒的な存在感を放つ。今回、テスト機として選んだのは、このモデルである。モデルネームにある「92」はETA製キャリバー2892を意味する数字だが、今日では構造がほぼ同じセリタ製のSW300が搭載されている。「ゴールデン ヘリテージ」というネーミングは、ゴールドプレート仕上げの針とインデックスを示唆するだけでなく、古い時代のコックピットの計器類という、この時計を貫くコンセプトも顕示している。
黒文字盤と黒いケース、そして、純白の夜光針とインデックスを備えたベル&ロスの特徴的なベーシックモデルに比べると、ゴールデン ヘリテージはそのエレガントな佇まいがゆえにブランドのイメージに合っていないのではないか、という意見もあるだろう。だが、実際には、テストウォッチのゴールドカラーの表示要素は、古い時代の航空計器で見られる黄色に変色した蓄光塗料を想起させ、ベル&ロスのインスピレーションの源との強いつながりを感じさせる。パイロットウォッチとしての外観は、マットブラックの文字盤とライトブラウンのカーフレザーストラップによって完成されており、ストラップのステッチは美しいコントラストを生み出す。これらの要素によって、ベル&ロスのデザインコンセプトはゴールデン ヘリテージでも見事に再現されているのである。

  1 2 3 4  
前の記事

【82点】オメガ/スピードマスター マークII

次の記事

【84点】H.モーザー/エンデバー パーペチュアル・カレンダー

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP