【73点】ティソ/ティソ ヘリテージ 1973

FEATUREスペックテスト
2020.07.15

時を駆け抜けて行くもの
見るほどに、伝わってくるのは在りし日の興奮。モータースポーツに身を捧げた男たちの軌跡を基にした新たなモデルは、今、時代を超えてかつての栄華を語り掛けてくる。

ティソ ヘリテージ 1973

アレクサンダー・クルップ:文 Text by Alexander Krupp
ティソ:写真 Photographs by Tissot
市川章子:翻訳 Translation by Akiko Ichikawa

ティソ
創業は1853年。ル・ロックルに本拠地を置き、現在は世界最大の時計コンツェルンのスウォッチ グループの傘下にある。同じグループ企業のハミルトンやサーチナ、ミドーと同様に、俯瞰して見たときに評価できる価格帯の製品を提供している。ブランド創設以来、エタブリスールの時計メーカーとして品質には定評があり、このところ機械式時計愛好家の中でも注目度が上がっている。


ティソ/ティソ ヘリテージ 1973

プラスポイント、マイナスポイント

point

・スポーティーかつレトロなデザイン
・面取りを生かした爽快なケース

point

・細い手首には不向きなサイズ
・歩度に進み傾向が顕著