SIHH2019 / IWC パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア

2019.01.16

 IWCにおけるSIHH2019でのハイライトはスピットファイアシリーズのリニューアルだろう。すべてのモデルでムーブメントに自社製キャリバーが搭載され、ケース素材はSSかブロンズ、もしくはその両方が設定される。最もオーソドックスな3針モデルに採用された双方向爪き上げのCal.32110は、今作が初使用で、パワーリザーブ約72時間と使い勝手に優れる。ケース径が39mmとシリーズで唯一40mmを切った、好事家向けの一本だ。

IWC「パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア」
自動巻き(Cal32110)。
21石。
2万8800振動/時。
パワーリザーブ約72時間。
ブロンズ(直径39mm、厚さ10.6mm)。
6気圧防水。
59万5000円(税別)。



IWCの新作一覧へ

パイロット・ウォッチ・タイムゾーナー・スピットファイア“ロンゲスト・フライト

ビッグ・パイロット・ウォッチ・コンスタントフォース・トゥールビヨン “プティ・プランス”

パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ・“プティ・プランス”

パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ・トップガン・セラタニウム

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン“モハーベ・デザート”

Contact info: IWC Tel.0120-05-1868

SAME BRAND同じブランドの記事
FEATURE
2019-03-14 20:30:08