セイコー・シチズン・カシオ 国産ウォッチメーカー ネクスト戦略

2016.02.04
奥山栄一、三田村優:写真
Photographs by Eiichi Okuyama, Yu Mitamura
広田雅将(本誌):取材・文
Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

ここ数年、急速に業績を改善する日本の時計メーカー。
インバウンド需要のおかげ、という声も聞くが、
いわゆる“リーマンショック”以降の地道な取り組みが、
功を奏しはじめたといってよさそうだ。
今や成長フェイズに乗りつつあるセイコー、シチズン、そしてカシオ。
国産時計大手3社の現状と、今後の戦略を見ることにしたい。