MEMBERS SALON

レディスモデルは原点回帰 / ブランドイメージを変える時「IWCの場合」(1/4)

IWCといえば、世の男性愛好家にとっては「男のための時計」である。事実、ラインナップを見ると、
オーバーサイズのマニッシュなモデルの数々が並ぶ。
ところが、ここ数年における世界規模での女性市場開拓の機運はかのIWCでさえもレディスモデルのコレクションを作る状況となった。
メンズライクでありながら、同時に可憐で知的なレディスのタイムピース。
日本のブランドCEOを務めるマニュエル・ブランデラ氏にIWCが目指す〝ほぼ手付かずだった市場〟の開拓に向けて聞いた。

古川直昌(ウェブクロノス):取材・文
Text by Naomasa Furukawa(web Chronos)
  1 2 3 4  
前の記事

美女と時計/第1回『シャネルを身につけた笑顔が素敵な奥様』

次の記事

美女と時計/第2回『フランク ミュラーを身につけた笑顔が素敵な奥様』

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP