MEMBERS SALON

IWC “JUBILEE” REVIEW -2-(1/2)

大径ムーブメントの利を活かす頑強なコンプリケーション

今や、時計の最新トレンドは小径薄型だ。しかし、IWCは頑なにポルトギーゼコレクションのサイズを縮めようとしない。
同社の技術力をもってすれば、ポルトギーゼを薄く小さく仕立てることは難しくない。
ではなぜ、同社はそうしないのか。ポルトギーゼのコンプリケーションモデルから、IWCの思想を見ていくことにしよう。

吉江正倫:写真 Photographs by Masanori Yoshie
広田雅将(本誌):取材・文 Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

IWC “JUBILEE” REVIEW


ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン “150 イヤーズ”
・フライングトゥールビヨンに永久カレンダーを併載したモデル。ゆとりあるレイアウトが、無類の頑強さをもたらした。自動巻き(Cal.51950)。54石。1万9800振動/時。パワーリザーブ約7日間。18KRG(直径45mm)。3気圧防水。世界限定50本。予価1311万円。
ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー“150 イヤーズ”
・新型自動巻きのCal.52000系に、改良版の永久カレンダーを加えたモデル。ムーンフェイズの表示誤差は、577.5年にわずか1日。自動巻き(Cal.52615)。54石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約7日間。18KRG(直径44.2mm)。3気圧防水。世界限定250本。予価418万円。
ポルトギーゼ・コンスタントフォース・トゥールビヨン “150 イヤーズ”
・定力装置のコンスタントフォース付きトゥールビヨンに、極めて正確なムーンフェイズ表示、そしてレトログラード式の日付表示を持つ大作。手巻き(Cal.94805)。41石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約96時間。Pt(直径46mm)。3気圧防水。世界限定15本。予価2700万円。


 1939年に発表された「ポルトギーゼ」は、リストウォッチではなくポケットウォッチ用のムーブメントを載せることで、腕時計に超高精度を与える試みだった。同時期、IWC以外の時計メーカーも、いくつかの腕時計に懐中時計用のムーブメントを搭載した。しかし、それらは基本的に軍用であり、民生用としてリリースされたのはポルトギーゼだけだった。というのも、懐中時計用のムーブメントを腕時計に載せると、直径40㎜を超えてしまう。30㎜というサイズが当たり前だった当時、このサイズはあり得ないと考えられたのである。しかし、以降もIWCはポルトギーゼを作り続け、やがてその高精度とサイズは、ポルトギーゼの個性となった。

Cal.94805はコンスタントフォース・トゥールビヨンを搭載する。基礎開発と特許の申請者名は、当時IWCの設計部長だったジャン-フランソワ・モヨン(現クロノード代表)。トルク消費の大きい1秒コンスタントフォースにもかかわらず、左図が示すように、テンプとキャリッジは極めて大きい。コンスタントフォースと合わせて、理論上は高い精度をもたらす。IWCの説明によると、最低48時間は安定した、高い等時性を持つとのこと。


 1990年代に「ビッグウォッチ」のブームが巻き起こった後、ポルトギーゼはその祖のひとつ、とみなされるようになる。もっとも、多くのビッグウォッチと異なり、ポルトギーゼのサイズは、マーケティングではなく、あくまでムーブメントが規定したものだった。好例が、2000年に発表された通称「ポルトギーゼ2000」だろう。

 当時IWCの会長だったギュンター・ブリュームラインは、技術陣から、ポルトギーゼ用に自動巻きムーブメントを作りたい、という要望を受けた。対して彼は次のような条件を出した。「(オリジナルのポルトギーゼに同じ)懐中時計サイズであること、そして7日間のパワーリザーブを持つこと」。ブリュームラインは、巨大なポルトギーゼのケースには、香箱の大きい、長いパワーリザーブのムーブメントが相応しいと考えたのである。

 オリジナルと同じく、懐中時計並みの大きなムーブメントを載せたことは、2000年以降のポルトギーゼにユニークなキャラクターを与えることとなった。大きな香箱がもたらす約7日間という長いパワーリザーブは高い等時性をもたらし、主ゼンマイの強いトルクは、複雑機構を併載しても精度を悪化させなかった。加えて、ムーブメントの直径を拡大した結果、部品のレイアウトには余裕を持てるようになった。かつてのポルトギーゼは、高精度のために大きなムーブメントを載せたが、今やそのサイズは、普通の腕時計では得られない拡張性をもたらしたのである。

Cal.94800
コンスタントフォース・トゥールビヨンと577.5年に1日しか誤差のないムーンフェイズ表示と、レトログラード式の日付表示を持つムーブメント。ダブルバレルと、巨大なキャリッジを載せているにもかかわらず、各部品の配置には決して無理がない。なお、この写真は「インヂュニア」が搭載する94800。しかし、基本はポルトギーゼと同じである。
  1 2  
前の記事

WatchTime ダイバーズウォッチの歴史における10のハイライト(後編)

次の記事

現地速報!オメガ「ファースト オメガ リスト-クロノグラフ リミテッド エディション」発表

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP