MEMBERS SALON

ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜/スーツに合う腕時計の条件って何ですか?(1/1)

Q:スーツに合う腕時計の条件って何ですか?

A:かつて、ダイバーズウォッチはスーツに合わせないという不文律がありました。しかし、今となっては関係ないでしょう。いまや日本やアメリカだけでなく、服装にうるさいヨーロッパでも、スーツにダイバーズウォッチやスポーツウォッチを合わせる人は少なくありません。むしろ見るべきは、時計の厚さでしょう。一般的にスーツに合わせる時計は、厚さ13mm以下が望ましいとされています。というのも、それを超えるとシャツの袖に引っかかってしまうためです。そのため、各メーカーは、ビジネスウォッチに対して、9mm以上、13mm以内というケース厚を与えようとしています。厚さ9mm未満の時計は薄くて魅力的ですが、扱う際はそれなりに気を使う必要があります。



前の記事

松山猛の台湾発見 松山猛の台湾発見「茶芸教室の熱気」

次の記事

WatchTime タフなタイムピース、極限環境下で活躍する10の時計(後編)

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP