2021年 カール F. ブヘラの新作時計まとめ

FEATURE2021年新作時計
2021.04.21

マネロ ミニッツリピーター シンフォニー

マネロ ミニッツリピーター シンフォニー

カールF.ブヘラ「マネロ ミニッツリピーター シンフォニー」
自動巻き(Cal.CFB MR3000)。47石。パワーリザーブ約65時間。18KRG(直径43.8mm、厚さ12.47mm)。10m防水。価格要問い合わせ。

 3つの「ペリフェラル」に関する技術を搭載した「マネロ ミニッツリピーター シンフォニー」が発表された。ペリフェラルとは“周囲にある状態”を指す言葉だ。ひとつ目はペリフェラル自動巻きシステムである。ムーブメントの外周部に配置されたレール状の重りが、装着時の運動によって円周方向に走り、この動きによって巻き上げを行うのが特徴である。この機構により、センターローターを備える多くの自動巻きと違ってムーブメントが隠れることが無く、トランスパレントバックからムーブメント全景とローターの動きを楽しむことができる。

マネロ ミニッツリピーター シンフォニー

 ふたつ目はペリフェラルフライングトゥールビヨンである。これは、トゥールビヨンのケージを外側から見えないようにセラミックス製ボールベアリングによって支えているのが特徴である。これにより、トゥールビヨンのケージが浮いているように見え、ボールベアリングにより動作の安定性が向上している。この動きはスケルトン化されたダイアル12時位置とトランパレントバックとの両面から鑑賞可能である。また、リュウズを引いた際にはケージの動きもロックされるストップセコンド機能を実装している。

マネロ ミニッツリピーター シンフォニー

 そして3つ目は、ペリフェラルレギュレーターを備えるミニッツリピーターである。リピーター機構は、ガバナーとも呼ばれるレギュレーターの回転で打鍾周期を最適値に調整している。今作では、レギュレーターを外周部に取り付けたセラミック製ボールベアリングによって支え、高効率化と回転の安定性の向上を実現している。ダイアルは、6時位置のレギュレーター、5時および7時位置のハンマーが見えるようにスケルトン化されており、その動作を鑑賞可能である。複雑な機構では不適な操作が故障に繋がりやすいが、今作には安全機構が組み込まれている。9時位置には現在の作動状況を示すインジケーターが備わっており、青いドットはリュウズ引き出し状態、音符マークでミニッツリピーター作動中を示す。さらに、リピーター機能動作時にはリュウズがロック状態に、リュウズ引き出し時にはリピーター機能が動作しない仕組みとなっている。

マネロ ミニッツリピーター シンフォニー




ヘリテージ バイコンパックス アニュアル

ヘリテージ バイコンパックス

カールF.ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス」
自動巻き(Cal.CO395)。27石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。SS(直径42mm、厚さ10.3mm)。100m防水。

「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル」にブラックダイアルを持つモデルが追加された。ヘリテージ バイコンパックス アニュアルは、カール F.ブヘラの歴史的モデルを引き継いだクラシカルなダイアルデザインを持つモデルで、センタークロノグラフ秒針、ダイアル外周部にはタキメーター、3時位置にスモールセコンド、9時位置に30分積算計を備え、4時位置に月表示、12位置にビッグデイトを備える自動巻きのクロノグラフモデルである。搭載するキャリバーCFB 1972はアニュアルカレンダー機能を備え、2月末以外であれば月によって異なる日数の違いを考慮してカレンダーが動作する。今年追加されたのは、ブラックダイアルにシルバーのふたつのインダイアル(バイコンパックス)を備えるモデルである。従来モデルでは、ローズシャンパンカラーあるいはシルバーカラーのエレガントな雰囲気を持つモデルのみであったため、よりスポーティーな外観を求めていた人には、ブラックを基調とした今作は歓迎されるものとなるだろう。今作は、ステッチのはっきりとしたスポーティーなブラックのカーフレザーストラップと、ブラックのラバーストラップが選択可能である。また、世界限定888本となる。



Contact info: スイスプライムブランズ Tel.03-6226-4650


真に見るべきは上質な外装にあり/カール F. ブヘラ「ヘリテージ バイコンパックス アニュアル」

https://www.webchronos.net/features/42851/
カール F.ブヘラの130年を超える歴史を表す「ヘリテージ トゥールビヨン ダブルペリフェラル」

https://www.webchronos.net/news/52098/
カール F. ブヘラの「マネロ フライバック」にブルーのバリエーション2型が追加

https://www.webchronos.net/news/50404/