MEMBERS SALON

ブライトリング/クロノマット Part.1(1/5)

広田雅将:取材・文 奥山栄一、三田村優:写真
[連載第3回/クロノス日本版 2011年3月号初出]

1942年に世界初の回転計算尺付きクロノグラフとしてリリースされた「クロノマット」は、42年後の84年に、パイロットのための実用的、かつファッショナブルな自動巻きクロノグラフをコンセプトに復活を遂げた。
以降、“新生クロノマット”は改良が重ねられ、ついには同社初となる自社製クロノグラフ、Cal.01を搭載するまでに至る。
機械式時計復興期の80年代から今日まで、ブライトリングのアイコンであり続けるこの比類なき計器と歴史にスポットを当てよう。

  1 2 3 4 5  
前の記事

オーデマピゲ/ロイヤルオーク Part.3

次の記事

ブライトリング/クロノマット Part.2

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP