パネライ/ルミノール 1950 Part.1

2017.10.26
広田雅将、鈴木幸也:取材・文 奥山栄一、ヤジマオサム:写真
[連載第5回/クロノス日本版 2011年7月号より増補改訂]

防水性の向上という目的の下、特異なリュウズカバーを備えた原始ダイバーズウォッチは、初号機の誕生から約70年の歳月を経て、「ルミノール 1950 スリーデイズ-47mm」としてようやく陽の目を浴びることとなった。
パネライの歴史と市場戦略、あるいはプロダクションの在り方までも内包したこの時計を通じて、パネライという極めて特殊なメゾンの持つ価値について、思いを巡らしてみたい。