MEMBERS SALON

ジャガー・ルクルトが開発した幻のミニチュアカメラがカンヌ映画祭に登場(1/1)

1937年から4000台限定でジャガー・ルクルトが製造したミニチュアカメラ「コンパス」。英国人の有能なビジネスマンにして執筆家、エンジニアでもあったノエル・ペンバートン・ビリングのアイデアを同社が形にしたもの。超コンパクトなオブジェクトだが、数多くの機能を搭載、発表と同時にセンセーションを巻き起こした。

 カンヌ国際映画祭会期中の5月19日にジャガー・ルクルトが行うエキシビション〝The Art of the Behind the Scenes〟において歴史的な写真が展示される。1937年に4000台限定で生産されたミニチュアカメラ「コンパス」で撮影されたニューヨーク、パリ、上海、ヴェネチアのランドスケープフォトである。「未だかつて存在しない、上質で可能な限りの機能が搭載され、なおかつシガレットケースに収まるような極小カメラ」を作る野心を抱いた英国人のノエル・ペンバートン・ビリングのアイデアを、ジャガー・ルクルト(当時はマニュファクチュール ルクルト)が製造までこぎつけた野心作であり、写真史の1ページを飾る偉大な発明とされている。

 1934年に両者によって初めて打ち合わせが持たれ、そこから約3年の歳月をかけて完成したコンパスはベリングの言葉どおり、露出計、距離測定器、望遠レンズフード、はめ込み式フィルター、露光計、EV値表示、アングルフィルターに加え、コンパスのために特別にデザインされたパノラマ、立体撮影を可能にする軽量の三脚まで備えていたのである。写真史を彩るメカニズムの発見に満ちたこのカメラは、両大戦間に生まれた稀代の名機であり、今もコレクターたちを虜にする魅力をたたえている。

コンパスで撮影されたニューヨークとパリの街並み。カンヌ映画祭会期中の5月19日(金)に開催されるエキシビション〝The Art of the Behind the Scenes〟にて展示されることが決まっている。

Contact info:ジャガー・ルクルト Tel.0120-79-1833

前の記事

スピードマスター60周年が盛大に祝われる

次の記事

ビクトリノックスの屈強ダイバーズにステンレスブレスモデルが加わる

おすすめ記事

pick up MODEL

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP