MEMBERS SALON

オメガと国際オリンピック委員会が2032年までパートナーシップを延長(1/1)

スイス・ローザンヌのオリンピック・ミュージアムで発表されたオメガとIOCのパートナーシップ延長の発表。2032年になると、両雄のパートナーシップは100年の時を数えることになるというから驚きだ。

 オメガが国際オリンピック委員会(IOC)とのパートナーシップを2032年まで延長した。1932年のロサンゼルス大会から始まった両者のパートナーシップは、2032年の第35回オリンピック大会において、実に100周年を数えることになるのだ。
 今回の発表は、スイス・ローザンヌのオリンピック・ミュージアムで行われた。出席者はスウォッチ グループCEOのニック・ハイエック、オメガ社 社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマン、IOC会長のトーマス・バッハ氏。もちろん、2032年まで契約を交わすワールドワイドスポンサーは、オメガが初めてである。

 オメガはこれまで27回にわたって大会でオフィシャルタイムキーパーを務め、スターティングピストルや競技用タッチパッド、1秒間に1万フレームのデジタル画像を撮影できる写真判定カメラ「スキャン O ビジョン ミリア」など、最先端の計時装置を開発・導入してきた。今回の契約により、さらに最新鋭の計時、採点、および会場での結果表示のためのシステムと装置を継続して開発することになる。


Contact info:オメガお客様センター Tel.03-5952-4400

前の記事

FIFA ワールドカップの優勝トロフィー 1日限りのお披露目決まる

次の記事

F1ザウバーチームをイメージしたブルーが鮮烈なクロノグラフ

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP