MEMBERS SALON

25周年を祝う「ロイヤル オーク オフショア」の三部作(1/1)

Ref.26421ST.OO.A002CA.01。オフショアの革新性を体現したモデル。「ロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフ」。自動巻き(Cal.2947)。30石。」2万1600振動/時。パワーリザーブ約173時間。SS×Ti×セラミックス(直径45mm)。10気圧防水。価格未定。


 1993年に発表され、今やオーデマ ピゲのアイコンとなった「ロイヤル オーク」。その25周年にあたる、2018年にオーデマ ピゲは3つの新作を加える。それがオリジナルの「ロイヤル オーク オフショア・オートマティック・クロノグラフ」の復刻版と、コンテンポラリーなダイヤルデザインを用いた全く新しい「ロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフ」の2モデルだ。

 オフショアの計画が始まったのは1989年のこと。ロイヤル オークを若者向けにリデザインするというアイデアを出したのは、当時同社でCEOを務めていたスティーブ・ウルクハートだった。彼は弱冠22歳のデザイナーであるエマニュアル・ギュエをデザイナーに抜擢し、ロイヤル オークのリデザインを行わせた。86年にオーデマ ピゲに入社した彼にとって、事実上これは初の作品となった。以降の大成功は言うまでもない。様々なバリエーションを加えたオフショアは、オーデマ ピゲ躍進の原動力となった。

Ref.26237ST.OO.1000ST.01。1993年のファーストモデルを完全に復刻したのが本作だ。「ロイヤル オーク オフショア・オートマティック・クロノグラフ」。自動巻き(Cal.3126/3840)。59石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約50時間。SS(直径42 mm)。10気圧防水。価格未定。

Ref.26421OR.OO.A002CA.01。「ロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフ」の18Kコンビ。ムーブメントの受けは全く新しいデザインとなった。自動巻き(Cal.2947)。30石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約173時間。18KRPG×Ti×セラミックス(直径45mm)。10気圧防水。価格未定。


 オフショアの25周年を祝って、オーデマ ピゲがファーストモデルを復刻させたのは当然だろう。新しいRef.26237STは、ケースだけでなく、文字盤の色まで忠実に復刻されたモデルだ。しかし搭載するムーブメントは、ジャガー・ルクルトベースから、自社製ベースのCal. 3126/3840に置き換わった。
 一方オーデマ ピゲは、オフショアの革新性をロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフに託した。これらの2モデルは、ケース素材にセラミックをあしらったほか、受けを肉抜きした新設計のクロノグラフトゥールビヨンムーブメントを搭載する。

 「ルールを破るためにルールをマスターしなければならない」と社是とするオーデマ ピゲ。同社はオフショアの復刻版と最新版で、その姿勢を明確にしてみせた。いずれも人気を集めそうだが、とりわけファーストモデルの復刻版は、好事家の注目を集めるに違いない。



Contact info:オーデマ ピゲ ジャパンTel. 03-6830-0000

前の記事

「ティファニー イースト ウエスト」にブレスレットタイプが登場

次の記事

激変、2018年のSIHHとバーゼルワールド

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP