MEMBERS SALON

ユリス・ナルダンが「2018 マツザカヤ プレシャス ウォッチ フェア」で特別展示を実施(1/1)

フリークとして初の自動巻き機構、「グラインダーシステム」を搭載した「フリーク ビジョン」。デッドアングルがほとんどないため、ローターを用いた従来の機構よりも約2倍の巻き上げ効率を誇る。ユリス・ナルダン「フリーク ビジョン」。自動巻き(Cal.UN-250)。22石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約50時間。Pt(直径45mm、厚さ13.8mm)。30m防水。1103万円(税別)。

 ユリス・ナルダンは2018年6月15日(金)〜19日(火)の期間、松坂屋名古屋店で開催される「2018 マツザカヤ プレシャス ウォッチ フェア」において、今年1月にSIHHでキーコレクションとして発表された「フリーク ビジョン」をはじめとする2018年新作を展示する。

 また、同展では併せて歴代フリークを並べる特別展示をエントランスで行う。腕時計において初めてシリコンパーツを使用し、カルーセル型と呼ばれる調速脱進機と2番車輪列を分針として回転させる特殊なムーブメントなど、革新的な技術を導入してきたフリーク。その進化の過程を順を追って体験できるコーナーとなっている。

「2018 マツザカヤ プレシャスウォッチフェア」
開催期間:2018年6月15日(金)~6月19日(火)
時間:10:00〜19:00(最終日は17時まで)
会場:松坂屋名古屋店 南館8階 マツザカヤホール

Contact info: ソーウインド ジャパン Tel.03-5211-1791

前の記事

オーストリアの時計ブランド「カール・スッキー&ゾーネ」日本初上陸

次の記事

「ジャガー・ルクルト ポラリス」コレクションのローンチイベントが開催

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP