MEMBERS SALON

モーリス・ラクロアの人気モデル「アイコン オートマティック」の新色(1/1)

スイスの高級時計ブランド「モーリス・ラクロア」は、『アイコン オートマティック』(アンスラサイト ダイアル)を発表した。
(写真左)自動巻き。26石。28,800振動/字。SSケース(直径42mm)。200m防水。パワーリザーブ約38時間。180,000円(税別)
(写真右)自動巻き。26石。28,800振動/字。SSケース(直径42mm)。200m防水。パワーリザーブ約38時間。195,000円(税別)

 1990年代にモーリス・ラクロアを代表するモデルとして登場した「カリプソ」。その復刻版として登場した「アイコン」は、2016年にクォーツモデルとして誕生。そして、2018年には待望の「アイコン オートマティック」が登場した。一体化した防水ケース、6つのアームをあしらったベゼルなど「カリプソ」のDNAを継承している。
 「アイコン オートマティック」はアイコンシリーズの要であり、2018年6月の発売以来、多方面から大きな反響を得て、モーリス・ラクロアを象徴とする大人気モデルとなった。今回登場した『アイコン オートマティック』は、20気圧防水、簡単にストラップの着脱・交換が可能なイージーチェンジャブル機能、丁寧な仕上げなど“知覚価値(High Perceived Value)”はそのままに、落ち着いたアンスラサイト(濃炭色)カラーのダイアルにクル・ド・パリ装飾を施し、ゴールドのインデックスが組み合わされた。いずれも4月発売予定。


Contact info: モーリス・ラクロア(DKSH ジャパン) Tel. 03-5441-4515

前の記事

ジンの856シリーズに、日本限定モデルが登場

次の記事

エポスから「3440 ビッグムーン」が誕生

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP