オーデマ ピゲの超絶技法に触れるエキシビション

NEWSニュース
2019.10.22

オーデマ ピゲが東京ミッドタウンでイベント開催

オーデマ ピゲは2019年10月19日(土)から11月4日(月・振休)まで、東京・六本木の東京ミッドタウンで行う『時計以上の何か』と題したエキシビションを開催している。

/

今回のエキシビションでは、144年に及ぶマニュファクチュールの歴史を紹介し、オーデマ ピゲ・ヘリテージコレクションから厳選された、歴史的に価値のあるヴィンテージウォッチから、現行モデルまで150本以上の時計が展示されるとともに、受け継がれてきた職人の技に出会い、体感する場が提供される。何世代にもわたり、型破りなトレンドを生み出すために新たな技術や技法の研鑽を重ね、職人技の追求を続けてきたオーデマ ピゲの職人たちのストーリーは、時計愛好家の目に新鮮に映るはずだ。

型を極める。型を壊すために。

アレクサンドル・ジョリーのサウンドインスタレーション

ジュウ渓谷の古代の森や氷河地形を切り取ったダン・ホールズワースの写真シリーズ作品

オーデマ ピゲの職人の技やアイデンティティを目で楽しめる池田亮司のオーディオビジュアルインスタレーション

フランス人デザイナーのマティユー・ルアヌールが展示スペースのデザインを手がけ、池田亮司、アレクサンドル・ジョリー、ダン・ホールズワースら著名アーチストが制作したアート作品も数多く展示されるこのエキシビションは、コンテンポラリーアートのレンズを通して、クラフツマンシップや時間の本質を視覚化する試みを内包している。有名なアートバーゼルをスポンサードしているオーデマ ピゲは、腕時計と現代アートという異なる分野のクリエイター同士で育まれる文化交流を支援しながら、同社のテーマである“To break the rules, you must first master them.” 「型を極める。型を壊すために。」の精神を実現しようとしている。

時計愛好家には垂涎のヴィンテージウォッチたち

展示スペースには12の部屋が設けられ、オーデマ ピゲが創業から受け継いできた時計づくりの技術やデザインの主要なマイルストーンが紹介される。特に前衛的なデザインの時計や、クロノグラフやグランドコンプリケーション、チャイミング機構やアストロノミカル機構などの、ブランドが開発した複雑メカニズムを含む、オーデマ ピゲのコレクションから厳選された150本の時計が展示される。

『時計以上の何か』

会期: 2019年10月19日(土) – 11月4日(月・振休)
会場: 東京ミッドタウン(六本木) 芝生広場
入場料: 無料 (予約優先:以下のリンクからご予約いただけます)
ウェブサイト: www.beyondwatchmaking.jp
開場時間: 11:00 – 19:30
*10月19日(土)は15:00 – 20:00
(最終受付は閉館の30分前まで)



Contact info: オーデマ ピゲ ジャパン  Tel.03-6830-0000  Tel.0120-525-519