オリエントスター「セミスケルトン」からエレガントなカラーリングのレディースモデルが登場

NEWSニュース
2020.11.18

オリエントスターのコンテンポラリーコレクション「セミスケルトン」シリーズから、ファッションとのコーディネートも楽しめるレディースモデルが2020年11月19日に発売される。

オリエントスター「セミスケルトン」
自動巻き(Cal.55C22)。20石。パワーリザーブ約40時間。SS(縦37×横30mm、厚さ10.2mm)。5気圧防水。


優しい色味の「セミスケルトン」レディースモデル

 夜空を照らす三日月と輝く星をイメージした、オリエントスターの「セミスケルトン」シリーズ。既存のクラシックセミスケルトンよりモダンな印象で、ファッションの一部として楽しめる要素が追加されている。バーインデックスが採用され、より活動的なイメージとなった。ダイアルのカラーバリエーションはシャンパン、ボルドー、ピンク、パールホワイトの4種類。このうちシャンパンとボルドーはステンレススティールブレスレット、ピンクとパールホワイトはレザーストラップのモデルとなる。知的で上品なコントラストのカラーリングで、ファッションとのコーディネートを考えるのも楽しみだ。

ニュアンスカラーが多くの女性の心を掴みそうなモデル。スモーキーなピンクのダイアルで、大人の女性らしい落ち着いた雰囲気に。5万4000円(税別)。

パールホワイトダイアルはプレステージショップの限定モデル。レザーストラップのボルドーが、色気のある女性の手元を演出してくれる。5万4000円(税別)。

 レザーストラップの2モデルは、ダイアルカラーによってストラップのカラーが異なる。ピンクダイアルにはグレーのストラップ、プレステージショップ限定となるパールホワイトダイアルにはボルドーのストラップという組み合わせだ。女性の場合、ジュエリーやアクセサリーとのバランスも時計を選ぶ際の検討材料のひとつとなるが、主張しすぎず、腕なじみの良いサイズ感の30mmのケースはそういった意味でも魅力的だ。レトロモダンなクッション型のケースは、ラグの部分はシャープな印象でありつつ、ベゼルの丸みと調和している。

 着目したいのは9時位置の窓に施された、三日月型の縁取りだ。三日月と星、というロマンティックなイメージが、この装飾と12時位置に配されたワンポイントダイヤモンドで表現されている。バーインデックスは多面カットになっており、文字盤に華やかさを添える。いずれもケースバックは無機ガラスのシースルーバック。

洗練されたシャンパンダイアルは、ビジネスシーンでも活躍しそうな印象。スーツにもニットにも寄り添える1本となりそうだ。6万3000円(税別)。

ボルドーのダイアルカラーは、秋冬のコーディネートのアクセントになる深みのある色合い。ステンレススティールとのコントラストが効いている。5万8000円(税別)。



Contact info:オリエントお客様相談室 Tel.042-847-3380


オリエント70年の物語 ー個性を磨き続ける時計界の異端児ー(前編)


https://www.webchronos.net/features/41091/
オリエント「スポーツコレクション」のフラッグシップモデル「M-FORCE」が復活


https://www.webchronos.net/news/54130/
機械式時計は日本が誇るオリエントから。おすすめモデル13選


https://www.webchronos.net/features/40279/