MEMBERS SALON

【90点】ロレックス/オイスター パーペチュアル シードゥエラー 4000(1/5) 2015年01月号(No.56)

Rolex Oyster Perpetual Sea-dweller 4000

実際に潜るダイバーたちに定評がありながら、惜しまれつつ舞台上から一度は消えたシードゥエラー。2014年、一層のたくましさを備えて復活したが、先発モデルと後発モデルがダイバーウォッチの座を占める中で、立ち位置を確保できるのだろうか。

イェンス・コッホ: 文 Text by Jens Koch
フォト・クリューガー: 写真 Photographs by WWW.PHOTO-KRUEGER.DE
市川章子: 翻訳 Translation by Akiko Ichikawa


point
・完成された定番デザインを踏襲
・仕上げ加工が最上級レベル
・優良な自社製ムーブメントを搭載

point
・調整にあと一歩の踏み込みが足りない
・身構えてしまうような価格

兄と弟の間に

弟姉妹の中で、一番上でも一番下でもない間の存在というのは、なにかと厳しいものだ。長子は優遇され、末っ子は目をかけられる。しかし、中間の子は居場所を確保するにもひと苦労するのは、多くの人々が経験済みだろう。

オイスター パーペチュアル シードゥエラー 4000のシチュエーションも、それと少し似ている。ロレックスのダイバーウォッチは、外装面ではもっと厚みが少なくエレガントなサブマリーナーが見せ場を飾り、防水性能では3900m防水を誇る大型のロレックス ディープシーの出番となる。1953年生まれのサブマリーナーとその後に発表されたロレックス ディープシーに、年代的にも挟まれて1967年に生まれたのがシードゥエラーだ(ロレックス ディープシーは、2008年に以前のシードゥエラーに代わるものとして発売開始)。そして今、装いも新たにシードゥエラー 4000として復活を遂げた。しかし、そのポジションをどこに見いだすべきだろうか?
シードゥエラー 4000の外観をサブマリーナーと比較すると、直径は40㎜と変わらないが、厚さは15・1㎜と、2・6㎜厚くなっており、明らかに重さが増している。一方、ロレックス ディープシーは直径が44㎜、厚さは18㎜と、大きさではこちらが見るからに凌駕している。さらに細かく見て行くと、シードゥエラー 4000は、風防がサイクロップレンズのないフラットタイプ。ますます中間にいる様相を呈している(サブマリーナーはサイクロップレンズ付きフラット風防、ロレックス ディープシーはサイクロップレンズなしのドーム型風防)。潜水タイム計測のために必要な分の目盛りの置き方は、ロレックス ディープシーと同じ。ダイバーウォッチの特性である防水耐圧性についても、サブマリーナー(約300m防水)とロレックス ディープシー(3900m防水)の間の1220m防水という位置付けだ。つまり、装備についても明らかに中間的で、どちらかにあるものは載せ、どちらかに欠けているものは載せていないといった塩梅だ。
それはロレックス ディープシーと同様に、新生シードゥエラーにも備えられているヘリウムガスのエスケープバルブについても言える。もっともこれはコメックスの作業時には必要だろうが、一般的な個人のダイバーにはなくても困らないものだろう。

  1 2 3 4 5  
前の記事

【86点】ブランパン/フィフティ ファゾムス バチスカーフ フライバック クロノグラフ

次の記事

【91点】オメガ/シーマスター 300 マスター コーアクシャル

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP