MEMBERS SALON

ブランパン/フィフティ ファゾムス バチスカーフ フライバック クロノグラフ(1/1) 2015年01月号(No.56)

BLANCPAIN Fifty Fathoms Bathyscaphe Flyback Chronograph

ブランパンが新たに開発したハイビートクロノグラフムーブメント。これを徹底的に分解し、ムーブメントの構造や、普段は決して目に触れることのない構成部品の加工品質と装飾を検証した結果、我々はいくつかの驚くべき特徴を発見した。

イェンス・コッホ: 文 Text by Jens Koch
フォト・クリューガー: 写真 Photographs by WWW.PHOTO-KRUEGER.DE
岡本美枝: 翻訳 Translation by Yoshie Okamoto


point
・傷に強いセラミックス製ケース
・エキサイティングなマニュファクチュールムーブメント
・高い精度

point
・ダイバーベゼルの動きが固い
・高額

ホイールの匠

集部の緊張感は一気に高まった。今回のテストのため、ハンブルクの時計宝飾店、ヴェンペの修理工房で、ブランパンの新作、フィフティ ファゾムス バチスカーフ フライバッククロノグラフと、そのエンジンである3万6000振動/時の新型ハイビート機、クロノグラフキャリバーF385が分解されることになったからだ。2014年のバーゼルワールドで発表されたこのダイバーズクロノグラフは、針やインデックス、ケースのフォルム、そして、ダイバーベゼルのデザインにおいて、前年に発表されたフィフティ ファゾムス バチスカーフを踏襲している。フィフティ ファゾムスが生まれたのは1953年。フランス軍の潜水部隊向けに開発された、逆回転防止ベゼル付きのダイバーズウォッチである。1950年代の終わりには、アワーマーカーに数字を使わず、バーとドットのインデックスを備えたバチスカーフがフィフティ ファゾムスの系譜に名を連ねることになる。

フィフティ ファゾムスの現行モデルは2007年にリリースされた。特徴的な数字が配されたダイバーベゼルは、膨らみを持たせたサファイアクリスタルで覆われている。2013年、フィフティ ファゾムスの第2のモデル、バチスカーフが息を吹き返した。そして2014年、新開発のハイビート機を載せたフライバッククロノグラフがバチスカーフの最新モデルとして登場する。

ねじ込み式か、押し込み式か

トランスパレントバックは12角形で、一見、ねじ込み式のように見えるが、実は押し込み式である。これは、作業台で体験した最初の驚きだ。セラミックスは非常に硬いという素材の特性のため、ネジ山を切るのが難しい。半面、スティールのように圧力によって歪んだりしないので、押し込み式でも問題はない。バチスカーフで秀逸なのは、押し込み式のトランスパレントバックであるにもかかわらず、水深300mまでの防水性が確保されている点である。

ブランパンは、キャリバーF385で初めて3万6000振動/時を達成した。この振動数は、理論的には10分の1秒まで計測できることを意味する。さらに、ブランパンは文字盤に5分の1秒刻みで正確に目盛りをペイントしているので、針は必ず、目盛りの上に位置するか、目盛りと目盛りの間に位置することになる。実際、文字盤のサイズと短い秒インデックスの恩恵により、計測秒を裸眼で明確に読み取ることができるのはうれしい。さらに、膨らみを持たせた文字盤の形状に沿うようにクロノグラフ秒針を曲げてあるため、運針がスケールに密着し、高い視認性が確保されている。ミニッツカウンターは、連続運針ではなく、毎分ジャンプしながら進むので、計測分がより明確に表示される。

秀逸なデザインながら、ブランパンというブランドを瞬時に認識するのは難しい。新作のバチスカーフは、回転ベゼルに載せられたポリッシュ仕上げのセラミックス製スケール、膨らみを持たせた文字盤、ドーム型サファイアクリスタル製風防、そして、サテン仕上げのセラミックス製ケースによって、高級感あふれる印象に仕上がっている。
ベゼルに配された数字とインデックスには、アモルファス合金のリキッドメタル(非晶質金属合金)が充填されている。セラミックスとの密着性が極めて良好なこの特別な素材は、これまでオメガでしか採用されていなかった。リキッドメタルのビッカース硬さは550で、ビッカース硬さが約220の軟らかいステンレススティールよりも傷にずっと強い。ベゼルのセラミックスにはあらかじめポリッシュがかけられているが、このセラミックスも硬いため、ベゼルの数字にサテン仕上げを施してもセラミックスの部分が輝きを失うことはない。
ただ、黒いベゼルの上では、ダークグレーの数字は今ひとつ視認性に欠け、蓄光塗料を塗布したベゼルのドットマーカーも文字盤のアワーマーカーほど明るく発光しない。その点、時刻は明るい場所でも暗所でもしっかりと読み取ることができる。小秒針も暗所で明るく発光するので、夜間に時計が動いているかどうかを確認するのに役立つ。しかし、蓄光塗料の盛られていないクロノグラフ針は、光の条件がどんなに良くても文字盤とのコントラストに欠ける。ただし、クロノグラフ秒針は、先端が赤くマーキングされていることから、判別しやすくなっている。

クロノグラフプッシャーは軽い押し心地で、始動、停止を素早く行うことができる。また、リュウズも扱いやすく、手前に回しながら簡単に緩めて引き出すことができる。時刻合わせにはストップセコンド機能と日付早送り機能が役に立つ。ただ、回転ベゼルは回すのにかなりの力が必要で、使い込んでも回しやすくなることはない。これは、遊びと間隙が少ないことに起因する現象で、汚れが入り込む余地がほとんどないことを意味している。

軽いセラミックス

セラミックス製ケースを備えたバチスカーフは軽く、快適に着用することができる。裏材がラバー仕様のしなやかなストラップも、装着性の向上に貢献している。セラミックス製バックルは角が鋭いが、手首の上では特に気にならず、装着感を損なう要因にはならない。ケース同様、セラミックス製バックルもサテン仕上げが施されていることから、時計の外観とマッチしているし、セイルキャンバスストラップも全体のデザインによくなじんでいる。
ストラップとバックルは頑丈な設計で、加工も非常にクリーンである。ちなみに、ケースがセラミックス製だからと言って、バックルも当たり前のようにセラミックスで出来ているわけではない。バチスカーフではバックルにセラミックスが使われていることから、バックルという酷使される構成部品ながらも傷がつきにくく、長年、新品であるかのような外観を維持してくれる。

同じことは、精密に面取りをした後で全体にサテン仕上げを施したセラミックス製ケースにも当てはまる。隅々まで黒いこのケースは並外れて傷に強いだけではなく、防水性も高い。ブランパンによれば、クロノグラフプッシャーを水中で操作しても問題ないらしい。
ムーブメントをケースから取り出す際、リュウズとクロノグラフプッシャーもチューブごと取り外した。チューブは、通常見られるような圧入式ではなく、メンテナンスしやすいように差し込み式になっており、クランプワッシャーを使ってケースの内部で固定されている。ニトリルゴムで出来たチューブ用の黒いパッキンと、同じくニトリルゴム製のふたつのプッシャーピン用のパッキンの恩恵により、クロノグラフプッシャーは通常のクロノグラフよりも水中で操作しやすい設計になっている。ケースバック用のパッキンには、ニトリルゴムより耐性がはるかに高い緑色のバイトンパッキンが使用されている。

加工が良好で、シンプルなフォルムの針を取り外すと、文字盤をより詳細に観察できるようになる。文字盤を裏返すと「RW」のロゴが入っている。Rubattel & Weyermannは、ブランパンと同様にスウォッチ グループに属し、ラ・ショー・ド・フォンに拠点を持つ名高い文字盤専門メーカーである。アプライドインデックスとスネイル仕上げのクロノグラフカウンターを持ち、表面に膨らみを持たせ、繊細なサンバースト仕上げが施された文字盤は、高級感にあふれ、ディテール豊かに仕上がっている。

ミニチュア版自動車

文字盤の下から姿を現すのは、ペルラージュ仕上げを施した地板である。通常、ユーザーの目には触れない部分だが、丁寧に装飾されている。もっと驚くのは、スケルトナイズされた筒車である。費用と手間を惜しまない筒車のデザインは、スポーツカーメーカー、ランボルギーニのホイールを想起させる。筒車の下にある日ノ裏車も同じデザインで、トランスパレントバックから見るだけでも、4番車と3番車がこのフォルムを持つことが分かる。このムーブメントには、同じデザインの歯車が合計5個、装備されている。
ブランパンがランボルギーニとパートナーシップを結んでおり、ブランパンGTシリーズが開催されることを考えれば、ランボルギーニを想起させる歯車が時計に搭載されていても不思議ではない。ブランパンの社長兼CEO、マーク・A・ハイエック氏自身もブランパンのレーシングチームに加わり、ランボルギーニ・ガヤルド GT3 FL Ⅱに乗ってレースに参戦している。ランボルギーニのミニチュアホイールは、ブランパンの他のモデルでもすでに採用されている。

今年、デビューしたキャリバーF385は、ブランパンに統合されたエボーシュメーカー、フレデリック・ピゲが1987年にブランパンや他のブランドのために開発した名高いキャリバー1180をベースとしている。厚さ3・95の手巻きキャリバー1180は、当時、世界で最も薄いクロノグラフムーブメントであった。その後、自動巻きのキャリバー1185と自動巻きのフライバッククロノグラフ、キャリバーF185が続くが、両者とも厚さ5・5と非常に薄い。2万1600振動/時、直径26・2、部品点数308点のキャリバーF185から、テスト機に搭載されているキャリバーF385が生まれた。キャリバーF385では、直径が31・8、厚さは6・65にサイズアップされている。その結果、より大きな香箱のためのスペースが確保され、パワーリザーブを犠牲にすることなくテンプの振動数を2万1600振動/時から3万6000振動/時に上げることができた。パワーリザーブは以前と変わらず約50時間である。キャリバーF385により、ブランパンは5Hzのハイビート機を初めて手に入れたのである。
最近、ハイビート機がトレンドとなっている。理論上は、振動数を上げれば精度も向上する。新型キャリバーでは、受け石の数は37個のままだが、部品点数は322点となり、14点ほどパーツが多くなっている。歯車と板バネはすべて旧型と同じ場所に取り付けられているが、デザインに少し変更が加えられた。テンプ受けは三角形になり、スケルトナイズされた。ブリッジのフォルムも変わり、開口部から歯車を見ることができる。

徹底分解。「フィフティ ファゾムス バチスカーフ フライバッククロノグラフ」の部品の数々。

分解

黒いゴールドローターを取り外すと、ブリッジに内蔵されたボールベアリングでローターが支持されている構造がよく見える。エッジに面取りとポリッシュ仕上げを施したローターブリッジは、ネジを外せば簡単に取り外すことができる。ローターを取り外すと平坦なブリッジが残るのは、このムーブメントがもともと手巻きムーブメントとして設計されていたことを示す名残である。ローターブリッジの下側は装飾されていないものの、露出したブリッジを見ると、見えない場所にまで仕上げを怠っていないことが分かる。美しいサークラージュ仕上げは、すべてのブリッジで見つけることができる。ローターブリッジは2枚のプレートで構成されており、さらに分解することができる。2枚のプレートの間には、トランスミッションホイールと、両方向巻き上げ用の2個のリバーサーが取り付けられている。リバーサーはスムーズに動くように支持されており、ローターと連結されている巻き上げ車にふたつの板バネで押し付けられるようになっている。回転方向に応じて、巻き上げ車のひとつがトランスミッションホイールあるいはリバーサーと噛み合い、その間、もう一方の巻き上げ車がリバーサーのひとつを押しのけるように動かす仕組みである。こうして、ムーブメントは両方向に巻き上げられるようになっている。

次に大きなブリッジを取り外すと、すべてのクロノグラフホイールが見えるだけでなく、ガンギ車や4番車も見ることができる。これはやや珍しい構造だが、クロノグラフ機構がどれほど深くムーブメントに統合されているかを示すもので興味深い。クロノグラフと脱進機構のブリッジが分離されていたほうが、脱進機構のみ個別にテストできるため、メンテナンスの観点から言えば楽だったかもしれない。
クロノグラフを作動させる最新式の垂直クラッチでは、4番車の軸上にディスクが取り付けられているが、このディスクは軸に固定されておらず、板バネのひとつがこのディスクを4番車の方へ押すことで両者が連結される仕組みになっている。クラッチを切り離すため、片方のディスクの縁がテーパーにカットされている。プライヤーのように閉じるふたつのレバーがひとつのディスクをもう一方のディスクから分離する動作をすることでディスクの動きが連動せず、クラッチが切り離される。
垂直クラッチは、クロノグラフ秒針を瞬時に始動させることができる。その点、伝統的な水平クラッチは、クラッチが噛み合う時にふたつの歯がぶつかり合うため、針飛びが発生する可能性がある。その代わり、垂直クラッチの場合は、機構の多くがブリッジの下に隠れて見えなくなってしまうという美観的デメリットがある。
リセット時にクロノグラフ針を帰零させるメカニズムも興味深い。ワンピース構造の長い帰零レバーが秒・分・時の積算カウンターのリセットカムを押すことで、すべてのカウンターが同時に元の位置に戻る仕組みだ。リセットボタンからの動力は、たったひとつのジョイントを介して伝わるようになっている。そのため、リセットに必要な動力はごくわずかで済み、軽い押し心地のクロノグラフプッシャーが実現した。スタート/ストップボタンも操作がスムーズである。これは、コラムホイール式の制御であることに起因する。垂直クラッチとコラムホイールを採用したキャリバーF385は、まさに時代の最先端を行くムーブメントと言えよう。

まだ分解されていないのは、ふたつのブリッジのみとなった。その下には、香箱と秒針位置合わせメカニズムが装備されている。組み立てられた状態では見ることができないにもかかわらず、香箱は両面ともサークラージュ仕上げで美しく装飾されている。
キャリバーF385では、2013年に発表されたバチスカーフのクロノグラフ非搭載モデル同様、ヒゲゼンマイがシリコンで出来ている。シリコンは反磁性を備えた素材で、磁力に引き寄せられることはなく、わずかながら弾き返す性質を持つ。つまり、シリコンを使えば磁束の影響から時計を守ることが可能になるのだ。ただ、ブランパンは残念ながら、どの程度の磁束まで耐性があるのか、はっきりとしたデータは公開していない。ゴールドの調整ネジを備えたチタン製テンワも、耐磁性能に寄与するだろう。ゴールドはシリコン同様、反磁性の素材だが、チタンは常磁性なので、磁束の有効範囲にある場合は磁力に引き寄せられてしまうものの、チタン自体が磁気を帯びることはない。ブランパンは、スウォッチグループの兄弟ブランド、オメガから技術的なサポートを受けている。オメガは、通常とは異なる素材をムーブメントに使用することで耐磁性を追求するパイオニアとして名高い。

ムーブメントには、ブランパンが自ら6姿勢すべてで微調整を行っていることを示す刻印が入っている。この刻印は、高速で振動するテンプとともに、高い精度への期待をいやが上にも高めてくれる。それはそうと、ムーブメントを分解する前に、我々は歩度測定機で精度安定試験を行っていた。

(左上)文字盤の裏に隠れたモータースポーツ。ランボルギーニのホイールの様式を踏襲した歯車。(右上)クロノグラフプッシャーのチューブはクランプワッシャーで安全に留められている。(左下)ローターの下にさらに続く、装飾の美しいブリッジ。(中下)ハイテク素材。シリコン製ヒゲゼンマイと、ゴールド製の調整ネジを備えたチタン製テンワ。(右下)クロノグラフの垂直クラッチは、分解して初めて構造がよく分かる。

精密機械

期待は裏切られることなく、平均日差はわずかプラス0・7秒/日、最大姿勢差は3秒で、テスト機は満点を叩き出した。クロノグラフ作動時も、最大姿勢差2秒、日差プラス1・2秒/日と、最高の数値を見せてくれた。水平姿勢から垂直姿勢になった時の振り落ちも、許容範囲内である。クロノグラフを作動させたほうがむしろ、振り角への影響がほとんど見られなかった。
だが、160万円という価格を聞くと、喜びにやや影が差すだろう。スティールモデルでも138万円するのだ。一瞬、かなり高額に感じられるが、他のブランドの同スペックのモデルだけではなく、ブランパンの旧型フライバックムーブメント搭載モデルのほうが格段に高額なことを考慮すれば、バチスカーフではコストパフォーマンスが向上しているのである。分解してよく分かったように、すべてのパーツが極めてクリーンに加工されており、秀逸な設計のムーブメントは美しく装飾されている。また、ムーブメントに採用された革新的なテクノロジーの数々は、精度や耐磁性能に良好に作用している。トータルで考えれば、適正な価格設定と言えるのではないだろうか。

セラミックス製ケースのバチスカーフは、傷が付く心配はほとんど必要ないものの、ダイビングで使うにはもったいない。また、大きな回転ベゼルを持つフィフティ ファゾムスの他のモデルに比べると、バチスカーフはそれほどダイバーズウォッチらしい外観を備えているわけではない。だが、ハイテク素材を使用したケースだけではなく、ハイビートで極めて精度が高く、革新的なシリコン製ヒゲゼンマイを備え、魅力的に装飾された新型クロノグラフムーブメントこそ、バチスカーフを特徴づける重要な要素なのだ。なんと言っても、バチスカーフの内部ではランボルギーニの美しいホイールが回転しているのだから。

セイルキャンバスストラップと傷に強いセラミックス製バックルの組み合わせは頑丈。

技術仕様
ブランパン/フィフティ ファゾムス バチスカーフ フライバック クロノグラフ

製造者: ブランパン
Ref.: 5200-0130-B52 A
機能: 時、分、日付表示
ムーブメント: 自社製Cal.F385、自動巻き、3万6000振動/時、37石、日付早送り機構、耐震軸受け(キフ使用)、チタン製テンワに取り付けられたゴールド製の調整ネジによる緩急調整、パワーリザーブ約50時間、直径31.8㎜、厚さ6.65㎜
ケース: セラミックス製、ドーム型サファイアクリスタル製風防(両面無反射コーティング)、押し込み式サファイアクリスタル製トランスパレントバック、30気圧防水
ストラップとバックル: 裏材がラバー仕様のセイルキャンバスストラップおよびセラミックス製尾錠
サイズ: 直径43.6㎜、厚さ15.25㎜、総重量96.5g
バリエーション: ステンレススティール製ケース(138万円)、ステンレススティール製ケースおよびステンレススティール製ブレスレット(162万円)
価格: 160万円

*価格は記事掲載時のものです。記事はクロノス ドイツ版の翻訳記事です。

精度安定試験 (T24の日差 秒/日、振り角)

平常時     / クロノグラフ作動時
文字盤上 +1 +2
文字盤下 +1 +2
3時上 +2 +2
3時下 -1 0
3時左 0 0
3時右 +1 +1
最大姿勢差: 3 2
平均日差: +0.7 +1.2
平均振り角:
水平姿勢 314° 300°
垂直姿勢 285° 275°

評価

ストラップとバックル(最大10pt.) 8pt.
操作性(5pt.) 4pt.
ケース(10pt.) 10pt.
デザイン(15pt.) 12pt.
視認性(5pt.) 3pt.
装着性(10pt.) 9pt.
ムーブメント(20pt.) 18pt.
精度安定性(10pt.) 10pt.
コストパフォーマンス(15pt.) 12pt.
合計 86pt.

>>ブランパンのモデル一覧はこちら

前の記事

H.モーザー/エンデバー パーペチュアル・カレンダー

次の記事

ロレックス/オイスター パーペチュアル シードゥエラー 4000

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP