MEMBERS SALON

オメガ「ミュージアム・ナイト」でコスプレに苦戦す(1/1)

 仕事柄、時計のイベントに出かける。顔を出すだけなら問題ないが、しばしば「ドレスコード」があるのは困る。先日は、タキシードが必須のイベントに呼ばれた。正装とやらは一応持っているが、着たまま西武新宿線に乗るほど肝は太くないので、タクシーで広尾まで出向き、果たして破産した。しかも、タクシーのエアコンが不調だったので、ただ移動するだけで汗だくになった。できれば“コスプレ”はしたくない。

ホテルの部屋にあった、「ミュージアム・ナイト」の招待状。OMEGAの書体も、わざわざ1910年代のものを使う凝りようだ。あえて書体を変えるほどだから、その時代の格好をしていかないとまずいよね。

 6月上旬、オメガから仰々しい招待状が届いた。7月3日にビエンヌで行われるイベント、「ナイト・ミュージアム」に来いという。2泊4日というスケジュール自体は問題ない。しかし、中に気になる一文を見つけた。「1910〜20年代風の格好でお越しください」。なんだ、そのハードルが高いドレスコードは。

 参加者が数百人もいるなら、適当な格好でごまかせる。しかし、今回オメガは20人ほどしか呼ばないらしい。つまり、手を抜いたら完全にばれてしまう。案内状をもらってすぐに、筆者は国分寺にある吉田スーツを思い浮かべた。このテーラーは、昔風の服装もきっちり仕立ててくれるが、納期は最低でも数週間かかる。今注文しても間に合わない。

 やむなく“吊るし”を探すことになったが、市場には妙なカタチの「グレート・ギャツビー」風スーツしかない。素人の筆者が見ても出来はイマイチで、これなら着ないほうがましだ。腰を据えて調べたところ、ブラックサインの「バトラースーツ」が1920年代風で、しかも良さげな雰囲気である。写真を見るに、かつて内田百閒が着ていた三つ揃えにそっくりではないか。専門家に写真を送ったところ、20年代のディテールを備えている、というお墨付きを得た。慌てて店に出かけてまあまあな金額を払い(服にお金を払う趣味がない)、元テーラーに持ち込んで袖や裾を直してもらい、どうにか間に合わせた。ブラックサイン東京店の店長に聞かれた。「この服を何に使うんですか?」「コスプレですね」。


三つ揃えの「バトラースーツ」を着た筆者。涼しげな顔をしているが暑くて死にそうだ。なおオメガは、会場までアンティークカーで送迎してくれた。いろいろなクルマを選べたが、筆者はシトロエンの「トラクシオン・アヴァン」に乗り込んだ。理由は、アンティークカーの中で例外的に乗り心地が良いから(といっても、比較できるほど乗ったわけではないけど)。着帽のまま乗れるよう、ルーフが高くなっている。


おまけ。後席から見たトラクシオン・アヴァンの内部。重心が低く、ホイールベースが長く、窓が大きいため移動は実に快適だった。時計の定番に同じく、ロングセラーには理由がある。ただし、メカニカルノイズは小さくない。

 さて当日。スイス・ビエンヌの気温は30度を超えていた。しかも、会場となったオメガミュージアムにはエアコンがない。気張って20年代風のコスプレをしたものの、そもそもデブだし、スーツは三つ揃えだし、加えて生地がサージなので暑いことこの上ない。コスプレやるなら完全を、ということでボーラーハットも被ったが、余計にむさ苦しい。

 しかも、腹立たしいことに、1910〜20年代風の格好をしている人があまりいないではないか。唯一目立っていたのはかのニック・フォークス氏。彼は19〜20世紀の服飾と文化が専門で、しかもGQのイギリス版でファッションエディターをやっていたから納得だけど、他はおおむね普通だった。かのウェイ・コー氏(『The Rake』と『Revolution』創設者)でさえも、20年代風とは言いがたかったし、シンガポールのジャーナリスト、SJX氏は完全に今風の格好で参加していた。見ているだけで涼しげだ。実に羨ましい。

 で、このコスプレイベントで紹介されたのは、オメガ初の腕時計クロノグラフの復刻版。わざわざジャーナリストとコレクターを呼んだだけあって、完成度は非凡、というか圧倒的だった。詳細は別ページで語ります。

上から下まで20年代風で決めていたのがニック・フォークス氏。長い着丈のジャケット、全体的にゆるい仕立て、股上の深いパンツと、20年代風の条件をきっちり抑えている。ちなみに筆者は彼に褒められたが、他に20年代風の服装をする人がいなかっただけだろう、と思う。


オメガ博物館館長兼ブランドヘリテージマネージャーのペトロス・プロトパパス氏。オメガ復刻版の高い完成度は、彼なしでは語れない。さすがに復刻版を監修しているだけあって、彼の服装は20年代風だった。

【クロノグラフの復刻版の詳細記事】
現地速報!オメガ「ファースト オメガ リスト-クロノグラフ リミテッド エディション」発表


オメガによる公式ビデオは以下。

前の記事

アフターバーゼル/ドレスデンで5分時計の裏側を見る!※世界初ではありません!

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP